砂原 俊之/スナハラ シユンジ

Shunji Sunahara

教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • 機械設計
  • 浮体安定論
  • 海洋開発工学
  • 海洋機械工学実験
  • 海洋エネルギー工学特論

専門分野

  • 浮体システム工学
  • 船舶流体工学

研究内容

近年、沿岸域の大規模開発において「環境に優しい」等の時代的要求に沿い、海上空港等の超大型浮体の研究が一段と進められています。これらの構造物は一般的に船のような流線形の船体ではなく、主に円柱等の部材で構成されています。この場合、波や潮流が働くと、その流体力学的特性は形状や大きさによって大きく変化してしまいます。したがって防波堤が設置できない場合や、地震による津波対策等の点から、これらの特性を正しく把握することが設計上非常に重要です。現在は、係留された海洋構造物の模型実験を大型水槽で行う等、主に実験的研究を行っています。

所属学会

日本船舶海洋工学会

日本マリンエンジニアリング学会

日本航海学会

入学をお考えの皆様へメッセージ

流体現象の面白さ、難しさを身近な問題として学び、人に役立つモノづくりをともに研究しましょう。

主な論文・著書

  • 「円柱列に働く波漂流減衰力に関する研究」
  • 「実践 浮体の流体力学 後編-実験と解析」

メールアドレス

suna@scc.u-tokai.ac.jp

戻る