石川 智士/イシカワ サトシ

Satoshi Ishikawa

教授

学位:
博士(農学)

主要授業担当科目

  • 環境といきもの
  • 海の利用と国際協力
  • 海洋生態系の保全
  • 砂浜生態系の保全
  • 海洋資源管理特論
  • 環境社会学入門ゼミナール

専門分野

  • 保全生態学
  • 地域開発論
  • 国際水産開発学

現在の研究課題

  • アジアの社会開発
  • 人材育成と技術の伝播
  • 地域振興
  • 研究内容

    浜名湖や三河湾での住民活動、沖縄県石垣島や熊本県天草市の環境教育とエコツーリズムの事例、東南アジア沿岸域の社会調査をベースに、地域の自然や文化に支えられた地域資源を、地域の住民組織が活用することで地域創生と環境保全の両立を目指すエリアケイパビリティーアプローチを提唱しています。

    所属学会

    日本水産学会

    和食文化学会

    生き物文化誌学会

    農学知的支援ネットワーク(JISNAS)

    日本魚類学会

    水産海洋学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    研究だけでなく,フィールドワークを通じたOn Site Trainingによって,実際に世界で活

    躍できる人材の育成を目指しています。

    語学や調査研究のスキルは,実際に研究活動をしていく中で獲得できます。

    まずは,やる気と人や動植物に対する愛情が大切です。何かをしたいと思っている方は,

    研究室を訪ねてみてください。

    主な論文・著書

    • 佐藤洋一郎・石川智士・黒倉寿(編著)、2019.10、生命科学と現代社会 海の食料資源の科学、280頁、勉誠出版、978-4-585-24301-4
    • ISHIKAWA Satoshi, HORI Mina, KUROKURA Hisashi, 2017,03, A Strategy for Fisheries Resources Management in Southeast Asia: A Case Study of an Inland Fishery around Tonle Sap Lake in Cambodia, Aqua-BioScience Monographs, Vol. 10, No.2; 23-40. doi:10.5047/absm.2017.01002.0023
    • 石川智士・渡辺一生(編著)、2,017,03, 地域が生まれる、資源が育てる;エリアケイパビリティーの実践、288頁、勉誠出版、ISBN 978-4-585-26001-1 1016-1018
    • 石川 智士 2009年6月 ウナギ属魚類の集団構造と種分化. 海洋の生命史. 海洋生命系のダイナミックス, 1. 東海大学出版, 神奈川, 322-340. ISBN978-4-486-01685-4
    • 石川 智士, 2009年9月, トンレサープ湖. 人と水. 人間文化研究機構. 昭和堂, 京都, pp.24-25. ISBN978-4-8122-0919-6

    メールアドレス

    oounagi@scc.u-tokai.ac.jp

    戻る