石川 智士/イシカワ サトシ

Satoshi Ishikawa

教授

学位:
博士(農学)

主要授業担当科目

  • 環境といきもの
  • 海の利用と国際協力
  • 海洋生態系の保全
  • 砂浜生態系の保全
  • 海洋資源管理特論
  • 環境社会学入門ゼミナール

専門分野

  • 保全生態学
  • 地域開発論
  • 国際水産開発学

現在の研究課題

  • アジアの社会開発
  • 人材育成と技術の伝播
  • 地域振興
  • 研究内容

    浜名湖や三河湾での住民活動、沖縄県石垣島や熊本県天草市の環境教育とエコツーリズムの事例、東南アジア沿岸域の社会調査をベースに、地域の自然や文化に支えられた地域資源を、地域の住民組織が活用することで地域創生と環境保全の両立を目指すエリアケイパビリティーアプローチを提唱しています。

    所属学会

    日本水産学会

    和食文化学会

    生き物文化誌学会

    農学知的支援ネットワーク(JISNAS)

    日本魚類学会

    水産海洋学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    研究だけでなく,フィールドワークを通じたOn Site Trainingによって,実際に世界で活

    躍できる人材の育成を目指しています。

    語学や調査研究のスキルは,実際に研究活動をしていく中で獲得できます。

    まずは,やる気と人や動植物に対する愛情が大切です。何かをしたいと思っている方は,

    研究室を訪ねてみてください。

    主な論文・著書

    • 石川智士・佐野幸輔・黒倉寿.メコン河流域の水産業1―ラオスにおける水産物流通の変 化.日本水産学会誌.第71巻5号 859-861.
    • 石川智士・池ノ上宏・黒倉寿(2005)メコン河流域の水産業2―ラオスの小規模養殖の現 状と展望.日本水産学会誌.第71巻5号 862-864
    • 石川智士・堀美菜・高橋信吾・黒倉寿(2005)メコン河流域の水産業3―カンボジアにお ける水産資源のコミュニティーベースマネージメント.日本水産学会誌.第71巻6号, 1016-1018
    • 石川智士・堀美菜・高木映・黒倉寿(2005)メコン河流域の水産業4―カンボジアの小規 模内水面漁業.日本水産学会誌.第71巻6号,1019-1021
    • SATOSHI ISHIKAWA, KATSUMI TSUKAMOTO, AND MUTSUMI NISHIDA. Genetic evidence for multiple populations of the giant mottled eel, Anguilla marmorata, in the Pacific and Indian Oceans. Ichthy. Research 51: 343-353, 2004

    メールアドレス

    oounagi@scc.u-tokai.ac.jp

    戻る