齋藤 寛/サイトウ ヒロシ

Hiroshi Saito

教授

学位:
理学博士

主要授業担当科目

  • 海洋生物化学特論
  • 食品化学
  • 食品学概論
  • 食品化学実験
  • 無機化学

専門分野

  • 天然物有機化学
  • 食品化学
  • 環境化学

現在の研究課題

  • 海藻の生育環境と食材としての活用
  • 有機物質の分解処理
  • 食品の非破壊検査方法の開発
  • 研究内容

    1)乾海苔の品質評価

     乾海苔の品質評価を非破壊検査で行う方法の確立を目指している。スペクトルから、品質の評価の可能性を探っている。

    2)海藻の生育環境と食材としての活用

     どのような環境にどのような海藻が生育しているのかを調査することで、生育環境を理解し、海藻の生育可能性がある環境造りを検討する。海藻類の増殖と地域の特性を活かした食材の開発を行いたい。

    所属学会

    日本化学会

    日本水産学会

    マリンバイオテクノロジー学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    夢と希望をもってあきらめずに努力しましょう。

    主な論文・著書

    • Reaction of Acridine with Pyrazolone Derivatives,Yoshimi Ishihara*, Takeyuki Ito, Hiroshi Saito, Jiro Takano,  Journal of Heterocyclic Chemistry,  2005, Volume 42, pp. 963-967
    • 海産性単細胞真正眼点藻Nannochloropsis oculata ST-3株に対するホルムアルデヒドの影 響に 関する研究 吉田宏亮・石井洋・小林幸夫・齋藤寛 「海-自然と文化」東海大学紀要海洋学部  Journal of The School of Marine Science and Tschnology Vol.2 No.3 pp.55-61,2004
    • テナガエビ幼生の生残と成長に及ぼす水道水の脱塩素方法の影響 今井 正、豊田 恵 聖、齋藤  寛、秋山 信彦 水産増殖 51(4) p.417-422 2003
    • 内分泌攪乱化学物質ビスフェノールAとノニルフェノールが海産性単細胞真正眼点藻 Nannochloropsis oculata ST-3株の増殖に与える影響  石井洋、齋藤 寛、秋山 信 彦、小林  幸夫「海-自然と文化」東海大学紀要海洋学部 Vol.1 No.1 pp.93-98,2003
    • Purification of microcystins by DEAE and C18 cartridge chromatography. K. Saito, H. Ishii, F. Nishida, H. Saito, T. Abe, Y. Toyota. Toxicon, 40, 97- 101 (2002)

    メールアドレス

    cansai@scc.u-tokai.ac.jp

    ホームページURL

    scc.u-tokai.ac.jp新しいウィンドウを開きます

    戻る