清水 宗茂/シミズ ムネシゲ

Muneshige Shimizu

准教授

学位:
博士(農学)

主要授業担当科目

  • 食品栄養学
  • 食品製造学
  • 食育実習
  • 機能性食品学

専門分野

  • 食品栄養学
  • 食品加工学

現在の研究課題

  • 発酵水産食品の加工及び低塩化に関する研究
  • 抗血栓作用を有する水産食資源の探索
  • 研究内容

    水産資源および水産加工食品を用いて、新たな栄養機能の探索をはじめ食品としての実用化に向けた取り組みを行っています。

     1.発酵水産食品の加工および低塩化に関する研究

      

     2.抗血栓作用や抗酸化作用を有する水産食資源の探索

     3.水産未利用資源を用いた食品開発に関する研究

    所属学会

    日本栄養・食糧学会

    日本体力医学会

    日本水産学会

    抗血栓食研究会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    私たちは日々食べ続けることで、生きることができています。フードロスへの対策が急務である中、限りある水産資源を最大限に有効活用するために、食品栄養学や食品加工学の観点から研究に取り組むことで、社会に貢献できることを目指しています。

    主な論文・著書

    • Effects of administration of glucosamine and chicken cartilage hydrolysate on rheumatoid arthritis in SKG mice. Kashiuchi S, Miyazawa R, Nagata H, Shirai M, Shimizu M, Sone H, Kamiyama S. Food Funct, 10(8) 5008-5017 2019
    • A point-of-care global thrombosis test measuring occlusion and endogenous lysis time may indicate thrombotic status. Yamamoto J, Inoue N, Otsui K, Ikarugi H, Shimizu M, Yamamoto S, Murakami M, Ijiri Y, Sakariassenn KS. Future Sci OA, Jul 2 5(6) FSO402 2019
    • ビタミン欠乏とサルコペニアとの関係, 清水宗茂、神山伸、曽根英行, ビタミン 93巻10号 448-450 2019
    • 高脂肪食マウスにおける運動負荷とコラーゲンペプチド摂取の作用, 宮澤理花子、樫内祥子、清水宗茂、曽根英行、神山伸, Trace Nutrients Research 36 47-53 2019
    • Shear rate-dependent thrombosis/fibrinolysis tests using non-anticoagulated blood could be useful in the prevention of thrombotic disorders. Yamamoto J, Ijiri Y, Shimizu M, Yamamoto S, Ikarugi H, Sakariassenn KS. Future Sci OA, Nov 19 5(2) FSO357 2018

    メールアドレス

    Shimizu.Muneshige@tsc.u-tokai.ac.jp

    戻る