笹木 春光/ササキ ハルミツ

Harumitsu Sasaki

准教授

学位:
修士(体育学)

主要授業担当科目

  • 生涯スポーツ理論実習
  • 健康・フィットネス理論実習
  • 剣道形指導理論および実習Ⅰ・Ⅱ
  • 日本剣道形1・2
  • プレゼミナール

専門分野

  • 体育方法学 剣道指導法

現在の研究課題

  • 剣道の打突動作に伴う痛みに関する研究
  • 研究内容

    「剣道の打突動作に伴う痛みに関する研究」

     剣道未経験者や初心者が、剣道に対するマイナスイメージ・授業をやりたくない理由と

    して考えられることとして、先行調査では「難しそう」「面白くなさそう」「こわそう」

    「防具が嫌」「かっこ悪い」「痛そう」などが挙げられている。特に、打突動作に伴う

    「痛み」は剣道初心者・未経験者では抵抗を感じているマイナス要因の割合が高い。

     そこで、まず剣道経験者である高校生において、剣道の打突動作に伴う「痛み」をどう

    感じているのか「打突部位」「稽古内容」「経験年数」「性別」などの観点から調査・考

    察し、剣道指導法の基礎的な一資料にすることを目的に研究を進めています。

    所属学会

    日本武道学会

    日本体育学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    剣道を専門的に学びながら、学生と共に技術の習得・思想の構築に繋げるよう励んでいま

    す。自己の研鑽ができる環境ですので、ぜひ一緒に頑張りましょう。

    主な論文・著書

    • 剣道の正面打突動作に関するBiomechanics的研究

    メールアドレス

    sasaki_h@tokai-u.jp

    戻る