高阪 史明/コウサカ フミアキ

Fumiaki Kohsaka

教授

学位:
博士(理学)

主要授業担当科目

  • 微分積分学2
  • 解析学序論
  • 解析学
  • 解析学とその応用
  • 数理科学演習
  • ゼミナール

専門分野

  • 凸解析学
  • 非線形解析学
  • 最適化理論

現在の研究課題

  • 非線形作用素の不動点問題の研究
  • 凸関数の最小化問題の研究
  • 不動点理論を用いた非線形問題の研究
  • 研究内容

    ヒルベルト空間、バナッハ空間、測地距離空間における凸解析や不動点理論について研究しています。

    所属学会

    日本数学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    大学で数学を学ぶには、様々な定理や公式の証明、図形的な意味、概念や命題の相互の関連などについてじっくりと自分の頭で考える姿勢が大切です。

    主な論文・著書

    • Fumiaki Kohsaka, Existence and approximation of fixed points of vicinal mappings in geodesic spaces, Pure and Applied Functional Analysis 3, No.1 (2018), 91--105.
    • Koji Aoyama and Fumiaki Kohsaka, Cutter mappings and subgradient projections in Banach spaces, Linear and Nonlinear Analysis 3, No.3 (2017), 457--473.
    • Yasunori Kimura and Fumiaki Kohsaka, The proximal point algorithm in geodesic spaces with curvature bounded above, Linear and Nonlinear Analysis 3, No.1 (2017), 133--148.
    • Fumiaki Kohsaka and Tomonari Suzuki, Existence and approximation of fixed points of Chatterjea mappings with Bregman distances, Linear and Nonlinear Analysis 3, No.1 (2017), 73--86.
    • Yasunori Kimura and Fumiaki Kohsaka, Spherical nonspreadingness of resolvents of convex functions in geodesic spaces, Journal of Fixed Point Theory and Applications 18, No.1 (2016), 93--115 (First online: 31 October 2015).

    メールアドレス

    f-kohsaka@tsc.u-tokai.ac.jp

    戻る