小松 真治/コマツ マサハル

Masaharu Komatsu

准教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • 化学
  • 化学基礎2
  • 分析化学実験
  • 物理化学実験
  • キャリアアップゼミナール1・2
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

専門分野

  • 物理電気化学
  • 生物電気化学

現在の研究課題

  • 天然色素からの分光増感型太陽電池の構築
  • 天然酵素からの燃料電池の構築
  • 天然活性炭を用いた蓄電に関する研究
  • 研究内容

    光合成は太陽エネルギーによって二酸化炭素中の炭素を還元してグルコースを得る反応であり、太陽電池に例えられるものと考えられる。また、呼吸はグルコースの燃焼反応に伴った酸化による電子移動反応であり、燃料電池に例えられるものと考えられる。植物は光合成と呼吸の巧みな連動で半永久的にエネルギーを生じる。

     また、太陽電池と燃料電池は、低炭素社会の実現にとって重要な位置にある。本研究は、人にとって毒である植物資源を利用して太陽電池および燃料電池を構築する。また、蓄電技術も電力リサイクルの観点で重要である。そこで、一方で、廃棄物由来の多孔カーボンを利用してスーパーキャパシタを構築する。具体的には、主に、非食料や廃棄物のリサイクルで環境負荷低減を狙った電気化学として、①ヨウシュヤマゴボウから抽出した天然色素を用いた色素増感型太陽電池、②毒キノコから抽出した天然ラッカーゼを電極触媒とした酵素燃料電池正極、③脱臭用の使用済み活性炭を用いたスーパーキャパシタ用電極、の構築および評価を行なう。

    所属学会

    日本化学会

    日本分析化学会

    光化学協会

    電気化学会

    日本ポーラログラフ学会

    高分子学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    個々の人間に潜在する能力は、その人間が身を置く環境によって変わるものであると考

    えます。グローバルかつ社会に開かれた環境を有する本学では、これから受験を迎える皆

    さんにとって、その能力を開花させうる環境が盛り沢山にあります。いろいろな可能性に

    チャレンジするなら、是非本学へ。

    主な論文・著書

    • High Power Battery Electrodes Using Nanoporous V2O5/Carbon Composites H. Yamada, K. Tagawa, M. Komatsu, I. Moriguchi, and T. Kudo, J. Phys. Chem. C, 111 (23), 8397-8402 (2007).
    • Electrochemistry of an Open-Cage Fullerene Embedded in a Film of Hydrophobic Ammonium Ion on an Electrode K. Watanabe, M. Komatsu, Y. Niidome, M. Murata, Y. Murata, K. Komatsu, and N. Nakashima, J. Phys. Chem. C, 111 (17), 6500-6504 (2007).
    • Individual Solubilization of Single-Walled Carbon Nanotubes Using Totally Aromatic Polyimide M. Shigeta, M. Komatsu, and N. Nakashima, Chem. Phys. Lett., 418 (1-3), 115-118 (2006).
    • Analysis of Electrochemical Reaction of Ferrocenylnaphthalene Diimide Captured by Double-Stranded DNA during the Electrochemical Detection of DNA Hybridization M. Komatsu, T. Nojima, and S. Takenaka, Electrochemistry, 74 (1), 65-67 (2006).
    • Imaging of DNA Microarray with Scanning Electrochemical Microscopy M. Komatsu, K. Yamashita, K. Uchida, H. Kondo, and S. Takenaka, Electrochim. Acta, 51 (10), 2023-2029 (2006).

    メールアドレス

    mkomatsu@tokai-u.jp

    戻る