荒井 堅太/アライ ケンタ

Kenta Arai

講師

学位:
博士(理学)

主要授業担当科目

  • 化学実験
  • 物理化学実験
  • 有機化学実験

専門分野

  • 生物物理化学
  • フローケミストリー
  • 電気有機化学

現在の研究課題

  • 小胞体内在の酸化還元酵素モデルの合成
  • タンパク質フォールディング機構の解明
  • マイクロ流体内での新規電解有機反応の開発
  • 研究内容

    生体内で合成されたタンパク質は細胞小器官の一つである小胞体で特定の立体構造へ折りたたまれる(フォールディングする)ことで生理活性を発現します。この現象を化学的に制御できれば、フォールディングが関与する疾患、例えばアルツハイマー病やパーキンソン病等の予防と治療のための新しい医薬製剤の開発につながるものと考えられます。私の研究室での大きなテーマは、(1)このフォールディング現象を生化学的に解明すること、(2)フォールディングを促す酵素を模倣した人工分子を作ること、(3)これらの合成物を使って生命現象を人工的にコントロールすることです。新しい電解マイクロフロー技術を取り入れ、上記の研究に精力的に取り組んでいます。

    所属学会

    日本化学会

    日本蛋白質科学会

    日本生物物理学会

    主な論文・著書

    • Kenta Arai, Kevin Watts, and Thomas Wirth, Difluoro- and Trifluoromethylation of Electron-deficient Alkenes in an Electrochemical Microreactor, ChemistryOPEN, 3, pp. 23~28, (2014)
    • Kenta Arai, Wataru Shibagaki, Reina Shinozaki, and Michio Iwaoka, Reinvestigation of the Oxidative Folding Pathways of Hen Egg White Lysozyme: Switching of the Major Pathways by Temperature Control, Int. J. Mol. Sci., 14, pp. 13194~13212, (2013)
    • Kenta Arai, Fumio Kumakura, and Michio Iwaoka, Kinetic and thermodynamic analysis of the conformational folding process of SS-reduced bovine pancreatic ribonuclease A by using a selenoxide reagent with high oxidizing ability. FEBS Open Bio, 2, pp.60~70, (2012)
    • Kenta Arai, Kenichi Dedachi, and Michio Iwaoka. Rapid and quantitative disulfide bond formation for a polypeptide chain using a cyclic selenoxide reagent in an aqueous medium. Chem. Eur. J., 17, pp.481~485, (2011)
    • Kenta Arai, Fumio Kumakura, and Michio Iwaoka, Characterization of kinetic and thermodynamic phases in the prefolding process of bovine pancreatic ribonuclease A coupled with fast SS formation and SS reshuffling, Biochemistry, 49, pp.10535~10542, (2010)

    戻る