伊達 重之/ダテ シゲユキ

Shigeyuki Date

教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • メンテナンス工学
  • 統計学特論
  • 維持補修工学特論
  • 工学基礎
  • 土木実験
  • 入門ゼミナール2

専門分野

  • コンクリート工学,維持管理工学

現在の研究課題

  • プレキャスト製品の品質・生産性の向上
  • コンクリートの性能と養生の関係について
  • コンクリート構造物の補修・補強
  • 研究内容

    近年,建設現場における熟練工の不測や工期短縮のニーズの高まりとともに,プレキャストコンクリート製品の活用事例が増えています.これに対して,生産性や品質の向上や環境対策,コストダウンなどにつながるリサイクル素材の活用技術などの実用化が望まれています.このような多様化するプレキャストコンクリートのニーズに対応するため,副産物などを含むさまざまな素材を活用するとともに,養生プロセスがコンクリートの品質に与える影響を精査し,高品質な製品を効率的に生産する技術の開発を目指します.

    また,劣化構造物の維持管理技術の開発にも取り組み,新設・既設双方において持続可能な建設産業の発展に貢献します.

    所属学会

    日本コンクリート工学会

    土木学会

    日本建築学会

    日本材料学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    トンネル,橋,建物.皆さんの日常生活を支える構造物の大部分に,コンクリートが活用されています.言い換えれば,コンクリートなくしては社会基盤の整備はとても困難です.反面,コンクリートは自然破壊の象徴のように言われることもあります.これに対して最近では,「環境にやさしいコンクリート」や「環境調和型コンクリート」などの新しい技術が続々と生み出されています.

     一方,高度成長期につくられた構造物の劣化の対策も待ったなしの状況です.老朽化構造物に対する補修や補強の材料・工法の開発も社会が渇望しているテーマです.

     

     当研究室では,未来につなげる快適で安心な社会基盤づくりのため,これら技術開発の担い手を求めています!

    主な論文・著書

    • valuation of Vibration Properties of Fresh Concrete with Different Mix Proportions,the 7th International Conference on Self-compacting Concrete and the 1th Conference on Rheology and Processing of Construction Materials,2013
    • Study on consolidation of concrete with vibration,Physics Procedia,Vol.25,pp.325-332,2012
    • A study on mechanical properties of PVA fiber reinforced Super-Lightweight Mortar,International Journal of Modern Physics B,Vol.24, Nos. 15-16,pp.2543-2548,2010
    • コンクリートの振動充てん性能に及ぼすフレッシュ性状の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.2 pp.25-30,2007

    メールアドレス

    sdat@tokai-u.jp

    戻る