「第19回英語スピーチコンテスト」を開催しました

2015年12月16日

東海大学外国語教育センターでは12月11日に湘南キャンパスの松前記念館講堂で、「第19回英語スピーチコンテスト」を開催しました。国際舞台で活躍できる人材の育成を目指し、外国語をより深く学ぶ一助になることを目的として毎年開催しているものです。当日は予選を通過した6名が6分間のスピーチを行い、本センターの教員が「論理性」「発音」「説得力のある表現」などを基準に審査。英語選択科目を履修している学生ら約700名が聴講しました。

最優秀賞にあたる学長賞は、「The Power of Words」をテーマにスピーチした宇野越さん(情報通信学部経営システム工学科3年次生)が受賞しました。中国人を両親に持つ「日本人」として中国でも日本でも言葉や習慣の壁を感じていたとき、「Are you ok? (大丈夫?)」と声をかけてもらったことを機に友人をつくれるようになった経験などを紹介。「誰かが自分のことを気にかけてくれていると思うと救われます。皆さんも困っている人に『Are you ok?』と声をかけてください。このシンプルな3語がその人を助けるかもしれません」と訴えました。

受賞について宇野さんは、「普段は高輪キャンパスで学んでいるので、環境の違う湘南キャンパスで多くの聴衆を前にスピーチするのはとても緊張していました。賞をいただきとてもうれしい。常に励まし、根気よく指導してくださった先生に感謝しています」とコメント。「将来は貿易関係の仕事に就きたいと思っています。これからも英語力を磨くとともに国際情勢などについても学びを深めていきたい」と抱負を話していました。

【表彰結果】 ※敬称略
◆学長賞
「The Power of Words」
宇野 越(情報通信学部経営システム工学科3年次生)
◆教学部長賞
「Perceptions」
 有田泰介(教養学部国際学科3年次生)
◆外国語教育センター所長賞
「We Are All the Same」
 葛 嵐(教養学部国際学科3年次生)
◆東海大学新聞賞
「Why We All Need a Hundred Books」
 草間柚佳(文学部文芸創作学科4年次生) 
「Nervousness Is Your Friend」
 増田 莉(文学部英語文化コミュニケーション学科4年次生)
「Age Means Nothing!」 
上原さくら(文学部英語文化コミュニケーション学科1年次生)

一覧へ戻る