3月9日の皆既日食をインターネットで衛星生中継します

2016年02月23日

東海大学では3月9日の午前10時ころから、太平洋パラオ諸島付近で観測できる皆既日食の様子を伝える特別番組をインターネットを通じて放送します。本学の海洋調査研修船「望星丸」を使った「第47回東海大学海外研修航海」の研修団が今年度南太平洋の島々を巡り、同日ちょうど皆既日食を観測できるパラオ沖(予定観測ポイント:北緯3.87度 東経137度)を通過することから、その様子を伝えることで、天文や自然現象など科学の不思議に触れてもらおうと企画したものです。

梶井龍太郎副学長をはじめとする教職員のもと、文学部広報メディア学科、工学部電気電子工学科、チャレンジセンターユニークプロジェクト「日食観測プロジェクト」、研修航海研修団の「日食班」が連携し、「東海大学日食観測プロジェクト」を結成。電気電子工学科の学生が放送機材の操作を担当し、ユニークプロジェクトのメンバーが台本の作成とアナウンサー役を務めるなど、互いの得意分野を生かした番組づくりを進めています。

番組では、理学部物理学科の櫛田淳子准教授が日食の仕組みを解説するほか、日食の観測方法を紹介。皆既日食が観測できる時間帯には、望星丸と衛星中継でつなぎ、皆既日食の映像や現地の様子をレポートします。なお当日は、湘南キャンパス8号館401教室で上映会を開くほか、日本で見られる部分日食の観測会も行う予定です。

学生たちは、「日食の魅力をできる限り伝えられるよう万全の準備をしています。日本では部分日食となるため、皆既日食の様子をリアルタイムで配信し、自然現象の面白さを感じられる番組づくりを進めておりますので、ぜひご覧ください」と語っています。

皆既日食特別番組
【日時】
2016年3月9日(水) 午前10時~10時半
※パラオ沖の天候により放送時間が前後することがあります。

【特設ページURL】
http://www.u-tokai.ac.jp/ex/eclipse2016/


日食観測イベント
【日時】
2016年3月9日(水) 午前10時~11時 ※開場は午前9時

【会場】
湘南キャンパス8号館401教室

【交通】
小田急線(新宿より快速急行約60分、小田原より約25分)「東海大学前」駅下車徒歩約15分、または『秦野駅行き』『下大槻団地行き』バス(約5分)で「東海大学北門」下車すぐ。またはJR東海道線「平塚」駅下車『東海大学行き』または『秦野駅行き』バス(約30分)で「東海大学正門前」下車徒歩約5分
http://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/
(駐車場の用意はございませんので、公共交通機関をご利用ください)

【備考】
事前申込不要、入退場自由です。来場者には観測用の日食メガネを無料配付します。

【お問い合わせ】
東海大学チャレンジセンター推進室
TEL:0463-58-1211(代表)

【主催】
東海大学日食観測プロジェクト

一覧へ戻る