今年度の第1回オープンキャンパスを開催しました。

2016年07月07日

健康科学部看護学科では6月19日に伊勢原キャンパスで、今年度の第1回オープンキャンパスを開催しました。教室や実習室のある3号館と松前記念講堂を会場に、学科の概要や入学試験に関する説明のほか、体験学習、教員による個別相談、学生とのフリートーク、キャンパスツアーなど多彩なプログラムを展開し、多くの高校生や保護者らが参加しました。

「学科説明・入試説明」は松前記念講堂で実施。教員が本学科の教育の理念やカリキュラム、取得できる資格、卒業後の進路などについて説明しました。3号館2階の教室では本学科の教育の特徴や看護職の魅力をさまざまな催しで紹介。教員による講義形式の模擬授業や現役看護師による仕事の説明のほか、「ハワイ研修」「デンマーク医療福祉研修」「メイヨクリニック研修」の3つの海外研修プログラムに参加した学生たちが成果を発表しました。6階の看護実習室では、妊婦体験用ジャケットとベビー人形を使った母性看護実習と、看護教育用人形「フィジコ」を使った成人看護実習の2つの体験学習コーナーを設け、教員が参加者を指導し、学生がサポートしました。

また、在学生や医学部付属病院で働く現役の看護師と個別に話せる「フリートーク」、教員による「個別相談会」も開き、入学試験対策のほか授業や実習、キャンパスライフなどについて、参加者が熱心に質問していました。フリートークを担当した学生は、「自分もオープンキャンパスに参加し、先輩たちの前向きで温かい雰囲気に魅かれて東海大学の受験を決めました。『ここで一緒に看護師を目指しましょう』という気持ちで高校生に向き合いました」と話していました。このほか、学生の実習施設でもあり、多くの卒業生が就職している「医学部付属病院の見学ツアー」や「キャンパスツアー」も行いました。

参加した高校生は、「実際の講義や実習を体験し、さまざまな方面から看護学科を知ることができてよかった」「最先端の医療を提供する付属病院で実習できることも大きな魅力だと感じました。しっかり準備して入試に臨みたい」「先生方や先輩から、受験対策について直接話を聞くことができて参考になりました」などと感想を話していました。

なお、今後のオープンキャンパスは以下の日程で開催します。
7月24日(日)
8月11日(木・祝)
8月20日(土)
11月3日(木・祝)
詳細については以下のURLからご確認ください。
http://www.tokai-adm.jp/opencampus/

一覧へ戻る