学びの分野

本学科の教育目標

「北欧」の平等主義と個人主義の精神を学ぶ

「北欧」の社会をつくりあげているのは、違いを認め合い、社会的責任を持った個人です。歴史や文学、民俗、芸術などを通して「北欧」の平等主義と個人主義の精神を学び、また、北欧の人々の考え方を通して広い視野と柔軟な発想力を身につけていきます。

「北欧」の先進的な考え方から、自分の価値観を育てる

「人間らしく生きることのできる社会」を実現するためには、個人と社会のかかわりを考え、自分なりの価値観を意識することが大切です。「北欧」は、福祉、環境、女性、教育、人権、国際協力といった分野での先進国。「北欧」の先進的な考え方を参考に、自分自身の価値観をつくる手がかりを見つけます。

「北欧」のことばを学び、北欧社会を真に理解する

「北欧」が私たちに与えてくれるものを本当の意味で受け取るためには、「北欧」のことばを学び、「北欧」の人々が語ることを理解することが必要です。深いコミュニケーションが取れるように「北欧」の言語能力を身につけ、日本と「北欧」の交流の橋渡しができる人材となることを目指します。

アドミッションポリシー

北欧学科では、本学科の教育目標「北欧4カ国の言語学習を基礎に、学科での学習や現地体験を通して、他者の価値観を受容する柔軟な思考力を持ち、自己と社会とのかかわりと個人として自立した生き方を構想することができ、習得した言語能力を生かして将来日本と北欧間の交流を担うことのできる人間を育成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

北欧社会の心を学び、文学や芸術に触れることで、人間が人間らしく生きることのできる魅力的な社会の実現を目指す

  1. 1.北欧社会の心を学び、「人間らしく生きられる社会」を築く知恵を探る
  2. 2.北欧の文化・芸術を通じて、北欧社会の価値観を学ぶ
  3. 3.北欧の言語を習得し、北欧の人々が自らの言語で語るものを理解する
  4. 皆さんは「北欧」と聞いたときどのような国を思い浮かべるでしょう? 一般的に「北欧」とは、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーのスカンジナビア3カ国にフィンランド、アイスランドの2カ国を加えた5カ国をさします。北欧学科では、言語・文化・歴史・社会・政治・外交・福祉・環境など、さまざまな視点からこれら5カ国にせまり、「人間が人間らしく 生きるとはどういうことか」「そのために社会はどうあるべきか」を考 えていきます。
    北欧を知るためには、北欧の人々が語ることを理解する必要があります。この意味で、北欧学科では言語教育に重点を置き、北欧の言葉のうち少なくとも一つは深く学ぶことを目標としています。さらに、北欧語海外研修では、実際に現地に足を踏み入れて学習した言語を使い、北欧を肌で体験します。また、北欧について学びながら、常に私たち自身や私たちの社会について考え、「自らを見つめる目」を養うことも大切です。
    これに加え、北欧の文学・芸術も私たちを魅了します。デンマークの童話作家アンデルセン、ノルウェーの劇作家イプセン、スウェーデンの劇作家ストリンドベリといった世界的文豪がいます。さらに、『ムーミン』の作者トーベ・ヤンソンはフィンランド人です。ノルウェーのグリーグやフィンランドのシベリウスといった大作曲家もいます。また古いものではアイスランドのエッダやサガ、北欧神話、フィンランドの叙事詩『カレワラ』のような、世界文学のなかでも特異な地位を占める文化遺産を誇っています。
    そして夏は白夜、冬はオーロラと、透明感に満ちた豊かな自然も北欧の魅力です。
    北欧学科は一人でも多くの方と北欧社会の価値、北欧文化や自然の魅力を分かち合いたいと願っています。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

北欧学科へ戻る