学びの分野

本学科の教育目標

「北欧」の平等主義と個人主義の精神を学ぶ

「北欧」の社会をつくりあげているのは、違いを認め合い、社会的責任を持った個人です。歴史や文学、民俗、芸術などを通して「北欧」の平等主義と個人主義の精神を学び、また、北欧の人々の考え方を通して広い視野と柔軟な発想力を身につけていきます。

「北欧」の先進的な考え方から、自分の価値観を育てる

「人間らしく生きることのできる社会」を実現するためには、個人と社会のかかわりを考え、自分なりの価値観を意識することが大切です。「北欧」は、福祉、環境、女性、教育、人権、国際協力といった分野での先進国。「北欧」の先進的な考え方を参考に、自分自身の価値観をつくる手がかりを見つけます。

「北欧」のことばを学び、北欧社会を真に理解する

「北欧」が私たちに与えてくれるものを本当の意味で受け取るためには、「北欧」のことばを学び、「北欧」の人々が語ることを理解することが必要です。深いコミュニケーションが取れるように「北欧」の言語能力を身につけ、日本と「北欧」の交流の橋渡しができる人材となることを目指します。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

北欧学科へ戻る