陸上競技部駅伝チームが箱根駅伝で総合5位となり、シード権を獲得しました

2018年01月03日

6区で東海大学記録の力走をした中島選手

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走の復路が1月3日に行われ、陸上競技部駅伝チームは総合5位で次回大会のシード権を獲得しました。

2日の往路で9位となり上位進出を目指して臨んだ復路では、6区の中島怜利選手(体育学部2年次生)が前半の登り坂からハイペースでレースを展開。チーム史上最高タイムとなる58分36秒の好タイムで区間2位に入り、総合順位を5位へと押し上げます。7区の國行麗生選手(同4年次生)も上級生らしい安定感のある走りを見せ、タスキは8区館澤亨次選手(同2年次生)へ。序盤で前を走る4位の法政大学を抜くと、さらに好走を続け15km付近で3位早稲田大学もかわしました。

9区の湊谷春紀選手(同3年次生)は、強い向かい風をもろともしない力強い走りで区間5位、総合3位を守ってタスキをつなぎます。強風の中でのレースを強いられたアンカーの川端千都選手(同4年次生)は、ラスト3kmで2チームに抜かれたものの、総合5位でゴール。10位までに与えられるシード権を獲得しました。

両角速駅伝監督(体育学部准教授)は、「昨年度の総合10位という悔しさを胸に、選手たちは努力を重ねてきました。往路では総合9位と想定外の結果となりましたが、復路では一時3位まで順位を上げることができました。しかし、最終的には5位と今大会も悔しい結果となったといえます。今後も応援してくださる皆さんの期待に応えられる結果を目指し、着実に力をつけていきます」と話しました。

なお、当日は湘南キャンパスの応援団、チアリーディング部、吹奏楽研究会も沿道から声援を送りました。2日間にわたり皆さまの温かいご声援ありがとうございました。


出場選手の成績は下記の通りです。
【往路】
1区 三上嵩斗(理学部3年次生)  区間7位 総合7位
2区 阪口竜平(体育学部2年次生) 区間7位 総合7位
3区 鬼塚翔太(体育学部2年次生) 区間3位 総合6位
4区 春日千速(理学部4年次生)  区間12位 総合6位
5区 松尾淳之介(体育学部2年次生)区間12位 総合9位
【復路】
6区 中島怜利(体育学部2年次生) 区間2位 総合5位
7区 國行麗生(体育学部4年次生) 区間10位 総合5位
8区 館澤亨次(体育学部2年次生) 区間2位 総合3位
9区 湊谷春紀(体育学部3年次生) 区間5位 総合3位
10区 川端千都(体育学部4年次生) 区間15位 総合5位

7区 國行選手
8区 館澤選手
9区 湊谷選手
10区 川端選手

一覧へ戻る