全日本大学駅伝で陸上競技部駅伝チームが7位になりました

2016年11月06日

3区で区間賞を獲得した舘澤亨次選手(体育学部1年次生)

11月6日に愛知県・熱田神宮から三重県・伊勢神宮間(106.8km)で行われた全日本大学駅伝対校選手権大会に陸上競技部駅伝チームが出場し、7位となりました。10月10日の出雲全日本大学選抜駅伝競走では総合3位に入り、今大会でも上位進出を目指しましたが、エースの關颯人選手(体育学部1年次生)が感染性胃腸炎で出場を断念するなど、複数の主力選手を欠いた影響もあり、6位までに与えられるシード権を逃しました。

レースでは12位でタスキを受けた3区の館澤亨次選手(体育学部1年次生)が前半から積極的に飛ばし、27分15秒で区間賞を獲得。順位を8位へと押し上げます。その後も5区の髙田凛太郎選手(文学部1年次生)が区間5位、6区の國行麗生選手(体育学部3年次生)が区間2位の力走を見せましたが、総合順位では6位の東洋大学に1分6秒およびませんでした。

両角速駅伝監督(体育学部准教授)は、「直前で病気や故障を抱える選手が多く出てしまい、万全のオーダーを組めませんでした。1月の箱根駅伝に向けて、選手層の底上げが課題となります。今回のレースを教訓にして、来年は予選会突破からの優勝を目指します」と話しました。なお、当日は湘南キャンパスの応援団、チアリーディングクラブ、吹奏楽研究会も沿道から声援を送りました。

駅伝チームの各区間結果は以下の通りです。
1区 鬼塚翔太選手(体育学部1年次生)   区間10位 総合10位
2区 川端千都選手(体育学部3年次生)   区間13位 総合12位
3区 館澤亨次選手(体育学部1年次生)   区間1位  総合8位
4区 石橋安孝選手(体育学部4年次生)   区間6位  総合8位
5区 髙田凛太郎選手(文学部1年次生)   区間5位  総合8位
6区 國行麗生選手(体育学部3年次生)    区間2位  総合6位
7区 羽生拓矢選手(体育学部1年次生)    区間14位 総合7位 
8区 林竜之介選手(政治経済学部4年次生) 区間9位  総合7位

皆さまの温かいご声援ありがとうございました。

一覧へ戻る