ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチームのWSC参戦体制発表会を開催しました

2017年08月29日

東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクトのソーラーカーチームが、今年10月8日(日)から15日(日)にかけて、オーストラリアのダーウィンとアデレード間で開催される世界最大級のソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2017」に参戦します。本学チームは09年と11年に開催された同レースで優勝しましたが、13年大会では惜しくも準優勝、15年の前回大会では総合3位に終わっており、今大会で世界一奪還を目指します。なお、今回の参戦は学校法人東海大学の建学75周年記念行事の一環として位置付けています。

学生らが新たに製作した2017年型「Tokai Challenger」は、研究開発段階で世界トップレベルの変換効率を誇るパナソニック製「HIT®太陽電池」とリチウムイオン電池などを搭載したほか、東レから供給を受けた炭素繊維「トレカT800開繊織プリプレグ」を使用したCFRPボディを採用。大会の冠スポンサーであるブリヂストン製のソーラーカー用タイヤ「ECOPIA with ologic」を装着するなど、多数の国内有力企業から協力を得て、太陽電池面積が2/3に縮小されるなど厳しくなった新レギュレーションに対応した新型マシンの開発を進めてきました。

8月29日には湘南キャンパスのTechno Cube(19号館)で、報道機関などを対象とした参戦体制発表会を開催。新聞社やテレビ局、自動車専門誌の記者ら多数が出席しました。本学の山田清志学長、パナソニック株式会社エコソリューションズ社エナジーシステム事業部ソーラービジネスユニット長の吉田和弘氏、東レ株式会社産業材料事業部長兼自動車材料戦略推進室主幹の奥村勇吾氏、株式会社ブリヂストン執行役員ブランド戦略担当の鈴木通弘氏、チーム総監督の木村英樹教授(工学部電気電子工学科・現代教養センター所長)、学生代表の武藤創さん(工学部動力機械工学科2年次生)が登壇しました。

まず、山田学長があいさつに立ち、協力企業や支援をいただいた関係者への謝辞を述べるとともに「本年は学校法人東海大学建学75周年に当たります。レースに臨むにあたって、その節目を祝うにふさわしい結果を残してくれると期待しています」と学生たちに期待を寄せました。続いて新型マシンを披露し、木村教授と武藤さんが車両に使用された技術や大会自体の概要、チーム体制について説明。木村教授はマシンに用いられた最新技術とサポート企業を紹介し、「高度な省エネ・創エネ技術を追求することで、日本の国内企業・団体との連携が進み、主要なパーツが日本製のみで構成される唯一のチームとなりました。これらの協働は学生たちにとっても大きな学びの機会となっています」と語りました。また、吉田氏と奥村氏、鈴木氏がそれぞれ太陽電池やタイヤ、炭素繊維の特徴を解説するとともに本学チームへの激励をメッセージが送られました。

最後に行った質疑応答では、「17年型マシンはどこに力が入っているのか」「開発にあたってこだわったポイントは?」などの質問が寄せられ、木村教授と武藤さんら登壇者が回答。終了後もそれぞれに記者の質問に答えるなど、大きな関心が寄せられている様子がうかがえました。

今後のチームは、9月5日(火)にマシンをメルボルンに空輸。先発隊が20日(水)に出国し荷物の受け取り、搬送やコースの下見などを経て28日(木)にはチーム全体がスタート地点のダーウィンに集まり、本番へと備えます。武藤さんは、「マシンが完成し、発表会を行うことができてうれしく感じています。しかし、大会でよい結果を残すためにはここからが本当に大切になります。応援してくれる方たちの熱意を背負い、心にとどめて本番に向けてさらに頑張ります」と意気込んでいます。

「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」について
「ワールド・ソーラー・チャレンジ」は太陽光のみを動力源として、オーストラリアの北部の都市・ダーウィンから南部のアデレードまでの約3000kmを走破するタイムを競う、世界最大級のソーラーカーレースです。1987年に第1回大会が開催され、99年以降は隔年で開催。今回で14回目となります。今大会には、世界の22の国と地域から43チームが参戦します。レースはチャレンジャークラス、クルーザークラス、アドベンチャークラスの3カテゴリーに分かれており、本学は世界最速を目指すチャレンジャークラスにエントリーしています。

【開催日程】2017年10月8日(日)~15日(日)

【会場】オーストラリア ダーウィン~アデレード(約3,000km)

【主催】South Australian Motor Sport Board

【大会スケジュール】
10月3日(火)~6日(金) 車検
10月7日(土) 公式予選
10月8日(日) ダーウィンをスタート
10月15日(日) 大会終了・表彰式

一覧へ戻る