経営学部

経営学部ニュース

経営学部ニュース一覧へ

経営学部紹介動画

熊本キャンパス内で展開している経営学部経営学科、観光ビジネス学科について学生が各学科を選んだ理由やそれぞれの学科の学びの特徴を紹介しています。
熊本キャンパスの風景や講義・研究の様子も収め、受験生や地域の方にも分かりやすく紹介していますので、ぜひご覧ください。

動画を再生する

経営学部紹介

企業経営能力を持ち社会のリーダーとなる人材を育成。
キャンパスがある九州は、スポーツ・農業・観光といった分野が経済にとって重要な位置を占めています。そのような地場産業や立地を生かした新しいビジネスを生み出す力を身につけると同時に、今後の成長が期待できる分野を専門的に学びます。
理論と実践を融合し経営について自ら考える。
ビジネスを成功させるために必要な知識やノウハウはもちろん、インターンシップや実地研修など、体験を重視したプログラムも多数用意しています。単に経営を学問として学ぶだけでなく、「理論と実践の融合」を目指した全く新しいタイプの経営学部です。
グローバル化する地域のニーズに応える人材を育成。
九州と近接する中国や韓国は、わが国と経済的なかかわりの強いエリアです。グローバルな視野を持ち、地域の活性化を行うリーダーを育成するため、英語・韓国語・中国語などの語学も学びます。

創造力と起業力を持った人材を輩出します。
基本方針は「経営学を理論と実践で学ぶ」です。

経営学部が育成する人材像は、創造力と起業力を持った人材と国際的に活躍できる人材です。いま、デジタル・ネットワーク経済が急速に進展しています。米ガートナー社の調査では今後10年で最も影響力があるIT企業は「まだ見ぬ新興企業」という結果が出ました。新たなビジネスモデル出現の期待感の表れです。現在、足元の業績が良い企業も新市場へ対応するための「変革力」に迫られています。
企業が存立する要素である「ヒト、モノ、カネ、情報」を駆使するのが経営の基本です。経営学部は「実学」である経営学を「理論と実践」で学びます。

経営学部の教育研究上の目的、養成する人材像

経営学部学科一覧

経営学科

新しいビジネスを創造し形にしていく力と経営のセンスを身につける。

観光ビジネス学科

地域と世界を結ぶ観光ビジネスに必要な力と経営センスを身につける。