看護学科

高まる看護へのニーズ現場での調整能力に優れたバランスのとれた人材を育成。

看護に期待される役割や機能は、年々変化しています。本学では、現代社会のニーズに応えるため、社会のあらゆる分野で健康・福祉の向上に寄与する看護師・保健師を養成。文系・理系の知識を融合させ、バランスのとれた人間性を養うほか、環境や社会と人間との結びつきを探求する科目を数多く開講しています。医療の高度化に伴い、チーム保健・医療の重要度が高まっており、他職種と連携して働く調整能力を育成します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

体育科目や英語コミュニケーション科目を湘南キャンパスで学ぶほか、伊勢原キャンパスで「健康科学論」「人体の構造と機能1・2」など看護を学ぶ上での基礎を身につけます。1年次後半では最初の看護実習科目として「看護基礎実習1」を履修します。

2年次

看護の基礎となる科目や「保健医療関係法規」などの社会システムを理解する科目を履修します。2年次後半では看護の実践能力を身につける科目が増加します。

3年次

専門科目を中心に学び、看護実践能力を養います。3年次後半からは、医学部付属病院やはじめ多くの施設や地域での実習が始まります。

4年次

年間を通して「専門看護ゼミナール」を履修し、看護研究のプロセスを学びます。4年次後半では「救急・災害看護論」「看護教育学」などの選択科目によって、看護学の統合をはかります。

将来のビジョン

国家試験に合格し、看護師免許を取得して大学病院や一般病院に勤めます。また、保健師の課程(学内選抜による定員制)を修め国家試験に合格することで、自治体の保健センターや保健所など、活躍の場が広がります。さらに教職科目を履修することで、養護教諭第一種免許をもって学校保健に携わることが可能です。

学科のキーワードと概要

人間と健康を理解、看護を実践する知識、チーム保健・医療の一員に