「未病に係わる観光体験」の活動報告で神奈川県庁を訪問しました

2017年03月14日

観光学部観光学科の学生が2月28日に神奈川県庁を訪問し、黒岩祐治知事に向けて「未病に係わる観光体験」の活動を報告しました。本学科では昨年5月から、神奈川県の「県西地域大学連携事業」の一環で、県から委託を受けて県が勧めている「未病いやしの里の駅※」を若年層へPRすることを目的に、岩橋伸行教授のゼミに所属する3年次生と本学科の授業「シティプロモーション演習」を履修する2年次生が「神奈川県県西地域未病観光紹介ムービー」と題する動画をSNSに投稿することで地域の魅力を伝えてきました。

神奈川県庁へは4名の学生と岩橋教授が訪問し、撮影した動画を見ながらこれまでの活動概要を説明しました。学生からは、「動画撮影で訪れた施設の方に"健康"や"未病"についてお話いただいたことで、さらに理解が深まりました」「"未病"という言葉の意味を学びつつ、動画制作を通して伝える力も学ぶことができたと思います」など、活動を通じて気づいた点などを報告。黒岩知事は、「創意工夫を持って活動してくれたことに感謝しています。"未病"というコンセプトで観光業界を盛り上げていこうという取り組みは、世界中探しても例のないことです。そう考えるとわくわくしてきませんか? これからも、皆さんの映像で若年層に"未病"を浸透させていってもらいたいと思います」と語りました。

▼「かなちゃんTV 観光地域で未病を改善!」
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1197/ktv/list.html?ch=5&playlist=PLPIkJllkivHafj_81l_uuMWpeuQ9s0-jh

※神奈川県では、県西地域活性化プロジェクトとして「未病の戦略的エリア」としてアピールしていく事業を進めています。食・運動・森・湯・集い・芸術の6分野123施設が「未病いやしの里の駅」として登録(2016年6月末現在)されており、2020年までに足柄上郡大井町に同プロジェクトの拠点を設ける計画となっています
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0602/kenseipj/

一覧へ戻る