観光学科

観光学部

  • 1年次:湘南キャンパス
  • 2・3・4年次:代々木キャンパス

旅行、レジャー、まちづくりなど、さまざまな分野に及ぶ観光産業。カリキュラムは「観光文化」「サービス・マネジメント」「レジャー・レクリエーション」「地域デザイン」の4分野で構成され、将来を見据えて複数の分野の学習も可能。また、五感で体感するフィールドワークや研修も多数あります。

観光学科ニュース

観光学科の特色

広範な学習内容を備えた観光学カリキュラムを構築

広範な学習内容を備えた観光学カリキュラムを構築

観光に関する産業は、旅行・交通・宿泊業などのほか、レジャーやレクリエーションにかかわる産業、住みやすい「まちづくり」やランドスケープ(風景)
の計画・設計など、さまざまな領域に及んでいます。そのため観光学科のカリキュラムは、「観光文化科目群」「サービス・マネジメント科目群」「レジャー・レクリエーション科目群」「地域デザイン科目群」の4つの専門領域で構成され、幅広い領域をカバーできるようになっています。
それぞれの科目群を体系的に学ぶとともに、フィールド研究を通して実践的な学習に取り組むことで、人間と文化・社会と歴史に関する教養を養い、自ら考える能力を養います。


教室の講義だけでは不十分

教室の講義だけでは不十分

観光を理解するためには、教室の講義だけでは不十分です。実際の現場に出向き、体験することによって、観光客を引きつける要因を感じ取る必要があります。講義で学んだ理論や知識をその体験・経験と融合させながら、自らの「知」として将来のために蓄えるのです。その「経験に裏づけられた知的財産」が皆さんの価値基準になり、「ゆめ」の実現の原動力になるのです。観光はさまざまな分野とかかわりをもっていますので、「ゆめ」もまた多様であっていいのです。


東海大学だからできる多様なプログラム

東海大学だからできる多様なプログラム

東海大学は全国にキャンパスを配置しています。さらに西表島(沖縄)やハワイ(アメリカ合衆国)、デンマークに研究施設、山中湖(山梨)や清水(静岡)、嬬恋(群馬)に研修施設があります。これらのすべてが、観光に関する実習を展開するために申し分のない環境にあるとともに、研究者や教員などの人的資源も有しています。また、多様な学部・学科を有するのも東海大学の強みです。関連する他学部・他学科とも連携をしながら、他大学にはない充実したプログラムの構築に努めています。観光学の切り口は、観光地の分析に始まり、観光振興や地域振興、文化資源や自然資源の保全と活用、あるいはイベント開催など多岐にわたります。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成