基本情報

所属

  • 観光学部 / 観光学科
  • 文学研究科 / 観光学専攻

ジャンル

  • 都市問題
  • 地域活性化
  • くらしの中の経済
  • 地域交流
  • オリンピック

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを

研究内容

観光・ツーリズムの諸現象に関する社会学的研究

社会学的観点から現代世界における新しい観光・ツーリズム現象とその施策、および捉え方・方法論について研究している。例えばメガイベントのレガシー研究の視点に立ち、イベントの開催に伴う都市再生や集客原理の活用を介した都市空間戦略について考察と検証を行っている。また関連して、日本社会における「労働/余暇」の関係性に関する視線やまなざしの変容について、近代化の局面から現代社会への転回を軸に研究している。

詳細情報

研究キーワード

  • 観光社会学
  • 観光政策論
  • 文化社会学
  • オリンピック・レガシー
  • 創造都市

研究分野

  • 人文・社会 社会学 文化社会学
  • 人文・社会 観光学 観光社会学

論文

コロナ禍のメガイベントとその検証:迷走する2020年東京大会と日本社会

観光・ツーリズムをめぐる視座の現代的転回:レジャー概念との関係性を補助線として

オリンピック開催地の都市再生とその観光学的意義: レガシー構想以後の「オリンピックと観光」の地平

オリンピックと「多言語対応」再考 : 何のための多言語対応か? (特集 オリンピックと言語)

書評 笹生心太著『ボウリングの社会学 : 〈スポーツ〉と〈レジャー〉の狭間で』

「都市空間戦略としてのオリンピック・レガシー」

書評 「聖地巡礼」が呼び覚ます視点 : 書評 岡本亮輔著『聖地巡礼』

文化資源の演出プロセスを学ぶ : 2017年度アメリカ研修報告

ロンドン五輪のレガシー戦略に関する社会学的考察 (日本レジャー・レクリエーション学会第46回学会大会)

「観光のための五輪」とクリエイティブシティの誕生 : ロンドンオリンピックのレガシー戦略と東京オリンピックへの視点

シンポジウム抄録 オリンピックレガシーと東京オリンピック・パラリンピック (Conference Reports 日本観光ホスピタリティ教育学会2014年度総会)

「虚構の時代」のオリンピック再考 (総特集 見田宗介=真木悠介 : 未来の社会学のために)

ロンドンオリンピックの「レガシー」と東京オリンピックへの展望 (第49回運輸政策セミナー 2020年東京オリンピック開催を目指した観光振興の促進)

レジャー・スタディーズの問題提起 : 余暇社会学からの転回と開かれる問いの射程 (日本レジャー・レクリエーション学会第44回学会大会)

大学生のメディア利用・ライフスタイル・メディア教育の効果について : 情報リテラシー教育の現場からの調査報告

「レジャー」(leisure)とは何か? : レジャー・スタディーズの価値論的考察と日本的「余暇」観の特徴 (日本レジャー・レクリエーション学会第43回学会大会)

現代イギリスにおけるツーリズムの重要性 : ロンドンオリンピック開催と『イギリス政府観光政策』(2011)

「余暇(レジャー)」 (leisure)とは何だろうか? : 価値論的考察の試み (特集 余暇学研究の課題と展望)

大学生のメディア利用・ライフスタイル・メディア教育の効果について : 情報リテラシー教育の現場からの調査報告

大学生のメディア利用実態とメディア教育の効果について : 情報リテラシー教育の現場における調査報告(2011) (日本レジャー・レクリエーション学会第42回学会大会)

書籍等出版物

  • 『2020東京オリンピック・パラリンピックを社会学する』
  • おもてなしを考える
  • 基本観光学
  • オリンピックは社会に何を遺せるのか
  • アジア・太平洋戦争辞典
  • レジャー・スタディーズ
  • オリンピックが生み出す愛国心 : スポーツ・ナショナリズムへの視点
  • よくわかるスポーツ文化論
  • 文化社会学入門
  • 幻の東京オリンピックとその時代 : 戦時期のスポーツ・都市・身体

講演・口頭発表等

  • 観光・ツーリズムをめぐる視座の近代/現代 :レジャー概念との関係性を補助線として
  • レジャーと「格差」はなぜ/どのように交差するのか?
  • メガイベントの経済効果とレガシーをめぐる視点
  • 「メガイベントのレガシーを再考する :2020年東京大会に伴う都市再生と「国際観光ビジネス都市」の未来像」
  • 「2020年東京大会に伴う都市開発の動向と特徴:1964年東京大会との対比を介して」
  • 「オリンピックと観光・ツーリズム」の関係性を再考する
  • オリンピック開催跡地のデスティネーション戦略
  • オリンピックとナショナリズム再考:多言語対応の向こう側
  • 空間戦略としてのオリンピック・レガシー:ロンドン五輪のメイン会場エリアを参照軸として
  • ロンドン五輪2012の都市モデル再考と東京五輪2020への含意
  • おもてなしのイベント論:「オリンピックと観光」の可能性を考える
  • オリンピック・レガシーとしての空間戦略
  • ロンドン五輪のレガシー戦略に関する社会学的考察
  • オリンピックのレガシー戦略と再定義をめぐる観光学的研究 : 2012年ロンドンオリンピックの観光学的意義と東京オリンピックへの視座
  • オリンピック開催跡地のレガシー戦略とその観光学的考察
  • オリンピック開催跡地のレガシー戦略とその観光学的考察
  • 「余暇・レジャー」概念の社会学的考察
  • ロンドン五輪開催をめぐる「レガシー」の再検討、および観光・ツーリズムへの意義の考察
  • レジャー・スタディーズの問題提起 : 余暇社会学からの転回と開かれる問いの射程
  • ロンドンオリンピックの「レガシー」と東京オリンピックへの展望

所属学会

  • 観光学術学会
  • 日本国際観光学会
  • 日本観光研究学会
  • 日本スポーツ社会学会
  • 日本レジャー・レクリエーション学会
  • 余暇ツーリズム学会
  • 日本社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

アフターオリンピックにおける観光政策の課題

地方都市のモビリティ--人口縮小期における都市間移動の社会学

ロンドンオリンピックのレガシー戦略とクリエイティブシティ創出に関する観光学的研究

価値創造の源泉としての「余暇・レジャー」

観光政策に対するロンドンオリンピックの「レガシー」(遺産)研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215