日本製薬工業協会に対する本学の対応

2016年3月

関係各位

東海大学 学長

日本製薬工業協会「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に基づく情報公開について

東海大学は、日本製薬工業協会が策定された「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」(2011年1月19日制定)について、その精神を尊重します。
ライフサイエンスと医療の発展のためには、製薬産業をはじめとする医療関連産業と大学・医療機関との連携が不可欠であると認識しております。一方、この連携の際に生じる利益相反のマネジメントには、透明性を確保することが最も重要かつ効果的な方法と考えております。この透明性の確保は、社会からの要請であり、国際的な動きでもあります。
東海大学は、以上のような考えに基づき、標記ガイドライン(2015年2月19日改定)に沿って作成された「透明性に関する指針」を尊重し、会員企業等による本学に関わる企業活動の情報公開に同意いたします。また、日本製薬工業協会以外の医療関連産業の企業等につきましても、本学に関わる企業活動の情報公開において、標記改定ガイドラインと同様の内容について同意いたします。

東海大学から個別の同意書等は発行しません。また、個人氏名が公開対象となるものについては、別途当該個人の同意を取得してください。

本学のコンプライアンスへ戻る