学生が制作する教養番組の4月のテーマは「ことばと暮らしの関わり」です

2015年03月16日

文学部広報メディア学科では、湘南キャンパスにあるスタジオで学生たちが制作する教養番組「知のコスモス」を、全国各地のケーブルテレビ局で隔月にオンエアする活動を展開しています。学生のコミュニケーション能力をはじめとする実践力を養う教育プログラムの一つで、2009年4月から実施。文学部14学科・専攻に所属する教員を毎回ゲストに迎え、学生が対話を通じて各専門分野の考え方を幅広く紹介しているものです。2015年度は「ことばと暮らし」をテーマに取り上げます。

4月の「ことばと暮らし」シリーズ第1回(通算で第37回)では、文学部文芸創作学科の倉数茂講師をお招きして、物語の作り方についてお話しいただきます。なぜ物語の読み解きは人それぞれ異なるのかを考え、そこからことばと暮らしの関わりについて考えます。

【「知のコスモス」が放送される放送局】
湘南ケーブルネットワーク(神奈川県平塚市)/徳島中央テレビ(徳島県吉野川市)/本庄ケーブルテレビ(埼玉県本庄市)/西軽井沢ケーブルテレビ(長野県御代田町)/ケーブルテレビ(栃木県栃木市)/蕨ケーブルビジョン(埼玉県蕨市)/八戸テレビ放送(青森県八戸市)/狭山ケーブルテレビ(埼玉県狭山市)/一関ケーブルネットワーク(岩手県一関市)/熊本ケーブルテレビ(熊本県熊本市)/J:COM(関東全域)/瑞穂ケーブルテレビ(東京都西多摩郡)/秩父ケーブルテレビ(埼玉県秩父市)

学生が制作する教養番組の4月のテーマは「ことばと暮らしの関わり」です

一覧へ戻る