留学生がサウジアラビア大使館から表彰されました

2015年03月25日

留学生がサウジアラビア大使館から表彰されました

3月3日に東京都内で開かれたサウジアラビア王国大使館文化部による「留学生卒業式」で、東海大学で学ぶ同国からの留学生が多数表彰されました。国際社会の中で活躍できる人材の育成を目指す同国の「サルマン国王奨学金プログラム」に基づいて派遣された留学生の卒業を祝うもので、本学からは山田清志学長や学生ら約20人が出席しました。

式典では、日本の各大学で学んだ卒業生を代表してオウェイシール・アズハールさん(本学大学院工学研究科応用理学専攻2年次生)が、「先生方は道しるべとなってくださり、言葉では言い表せないほど感謝をしています。これから私たちは、新しい目標や夢を達成するためこれまで足を踏み入れたことのない世界に挑戦すべきです。これまでの経験を活かし、それぞれの目標に向かって挑戦しましょう」と今後の抱負を述べました。また、あいさつに立った山田学長は、「東海大学の創立者である松前重義は、『若者たちが宗教や思想をこえてともに学ぶことこそが、世界平和の第一歩である』と語っていました。その根底には、互いの違いを尊重しながら、理解し合うことが必要だとの信念が根付いています。グローバル化した現代、その思想の重要性はますます高まっています。日本で学ぶ日々を通して、その力を身につけた皆さんが両国の架け橋として大いに活躍されることを期待しています」と語りました。

表彰では、チャレンジセンターのライトパワープロジェクトで活躍したアナス・アルモアッライさん(同)や、国際交流活動に尽力したアハマド・アルハルビさん(同)ら6人に記念の盾が授与されました。

表彰された学生
技術賞
アルシャイ・カーリドさん(工学部応用化学科2年次生)
アルカティブ・アブドゥルアマンさん(大学院工学研究科工業化学専攻2年次生)
アルモワライ・アナスさん(大学院工学研究科電気電子システム工学専攻2年次生)
アルハンマシ・オマーさん(大学院工学研究科機械工学専攻1年次生)

文化賞
アルハルビ・アフメッドさん(大学院工学研究科電気電子システム工学専攻2年次生)
アルシェハリ・ムフィさん(情報通信学部通信ネットワーク工学科4年次生)

留学生がサウジアラビア大使館から表彰されました

留学生がサウジアラビア大使館から表彰されました

留学生がサウジアラビア大使館から表彰されました

一覧へ戻る