吹奏楽研究会が全日本吹奏楽コンクール・大学の部で3年連続6度目の金賞を受賞しました

2018年10月29日

湘南キャンパスの吹奏楽研究会が10月27日に、兵庫県尼崎市・あましんアルカイックホールで開催された第66回全日本吹奏楽コンクール・大学の部に出場し、3年連続6度目となる金賞を受賞しました。東京代表として8年連続11回目の出場となった同研究会は、常任指揮者である福本信太郎氏のタクトで課題曲Ⅴ『エレウシスの祭儀』(咲間貴裕作曲)と自由曲『トリトン・エムファシス』(長生淳作曲)の2曲を披露。複雑な楽曲を確かな技術に基づいた演奏で表現して会場を魅了。3年連続の栄光に輝きました。

同研究会は本キャンパスの入学式や学位授与式といった各種行事をはじめ、硬式野球部や陸上競技部駅伝チームの大会での応援演奏、定期演奏会や年間約50回にも及ぶ依頼演奏、吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストへの出場など幅広く活動しています。今年度は8月の東京都大学吹奏楽コンクール、9月東京都吹奏楽コンクールと順調に金賞を獲得し上位のコンクールへと推薦を受けてきました。

なお、今年度の同コンクールでは、21日に名古屋国際会議場で行われた「高校の部」に付属高輪台高校、付属札幌高校、菅生高校の吹奏楽部が出場し、3校ともに金賞を受賞しており、本研究会の結果により学園勢すべてが金賞獲得という快挙を達成しました。皆さまのご声援、ありがとうございました。

同研究会では、12月27日(木)に横浜みなとみらいホール大ホールにて、「第57回定期演奏会」を開催いたします。詳細はホームページ(以下URL)よりご確認ください。
http://suiken.shn.u-tokai.ac.jp/

一覧へ戻る