湘南キャンパスの硬式野球部が明治神宮野球大会の準決勝進出を決めました

2019年11月18日

湘南キャンパスの硬式野球部が11月18日に行われた明治神宮野球大会の2回戦で中央大学(東都大学野球連盟)と対戦。7―3で勝利し、準決勝進出を決めました。

東海大は0-3とリードを許して迎えた4回2死二、三塁の場面で、今大会初スタメンで5番に入った小松勇輝選手(体育学部1年次生)が2点適時三塁打を放ちます。続く5回には、2死二塁から千野啓二郎選手(同4年次生)の適時二塁打で同点に追いくと、2死一、三塁と好機を広げ、杉崎成輝選手(同)が勝ち越しとなる2点適時二塁打。その後も相手のエラーなどの間に得点を重ね、9回には竹内紘生選手(同2年次生)がダメ押しとなる適時打を放ちリードを4点に広げました。一方、3回途中からマウンドに上がった松山仁彦投手(同3年次生)は打線の援護を受け、9回まで無失点の好投でチームを勝利に導きました。

安藤強監督(東海大学職員)は、「小松、杉崎がチャンスでよく打ってくれました。小松はルーキーですが、リーグ戦でも起用してきたこともあり期待の大きい選手の一人。今日の経験を今大会だけでなく、来年度にもつなげてほしい。松山は、ボールにキレがあったので、安心して見ていられました。明日の対戦相手である関西大学は力のある投手が多いので、しっかりと打ち崩せるよう準備を進めていきたい」とコメント。1年次生ながら期待の起用に応えた小松選手は、「今日は大学初スタメンでしたが、とにかく食らいて、どんな球が来てもチームに勢いを与える一打にしたいと考えていました。1次年生らしくはつらつとしたプレーができてよかった」と話します。好投の松山選手は、「最近は調子がよくなかったのですが、ミットをめがけて思いっきり投げることを心がけました。チーム全員で相手を抑え、一つひとつ勝ち上がっていきたい」と語りました。

また、この試合でも湘南キャンパスの応援団やチアリーディング部、吹奏楽研究会の学生が球場に駆けつけ、スタンドから声援を送りました。準決勝は19日(火)第2試合(午後12時30分開始予定)で関西五連盟第一代表の関西大学と対戦します。皆さまのご声援よろしくお願いします。

一覧へ戻る