陸上競技部駅伝チームが箱根駅伝往路で4位となりました

2020年01月02日

1区鬼塚翔太
東京箱根間往復大学駅伝競走の往路が1月2日に行われ、陸上競技部駅伝チームが4位となりました。2年連続3回目の1区に起用された鬼塚翔太選手(体育学部4年次生)が首位と10秒差の総合4位でタスキをつなぐと、2区では箱根駅伝初出場の塩澤稀夕選手(同3年次生)が先頭集団でレースを展開。トップと2秒差の総合3位で中継所へと飛び込みました。3区では西川雄一朗選手(同4年次生)が総合5位へと順位を落としましたが、当日のエントリー変更で4区に入った名取燎太選手(同3年次生)が初めての箱根路で快走を見せます。平塚中継所では33秒の差があった4番手の帝京大学を16km過ぎで捉えると、区間2位の走りで1秒先着。2年連続の5区に挑んだ西田壮志選手(同)は本格的な上り坂に入った4.5km過ぎにギアを入れ替えて帝京大を突き放します。8km過ぎに東京国際大学をかわして3位に浮上し、粘りの走りを見せましたが、最後に東京国際大に再逆転を許し、トップの青山学院大学と3分22秒差の4位でゴールテープを切りました。

両角速駅伝監督(体育学部准教授)は、「連覇という大きな目標に向けては厳しい結果になりましたが、選手たちはよくやってくれました。4区までは想定タイムより若干遅かった程度でした。5区の西田選手にアクシデントがあり先頭から離されてしまいましたが、必死にゴールに向けて走った結果であり責めることはできません。明日の復路は連覇に向けて選手一人ひとりが前を追う姿勢を見せてほしいと考えています。序盤の6区からしっかり流れをつくり、接戦に持ち込みたい」と話しています。

出場選手の成績は下記の通りです。
1区 鬼塚 翔太選手(体育学部4年次生) 区間4位 総合4位
2区 塩澤 稀夕選手(体育学部3年次生) 区間7位 総合3位
3区 西川雄一朗選手(体育学部4年次生) 区間6位 総合5位
4区 名取 燎太選手(体育学部3年次生) 区間2位 総合4位
5区 西田 壮志選手(体育学部3年次生) 区間7位 総合4位

なお、当日は湘南キャンパスの応援団、チアリーディング部、吹奏楽研究会も沿道から声援を送りました。3日の復路でも、総合優勝を目指して力走する本学の選手たちへ、ますますのご声援をよろしくお願いいたします。
2区塩澤稀夕
3区西川雄一朗
4区名取燎太
5区西田壮志

一覧へ戻る