【全日本大学野球選手権大会準決勝】最後まで意地を見せるも僅差で決勝進出逃す

2019年06月17日

首都大学野球連盟代表として全日本大学野球選手権大会に出場している湘南キャンパスの硬式野球部が、6月16日に明治神宮野球場で行われた準決勝で京滋大学野球連盟代表の佛教大学と対戦。4―6で惜しくも敗れました。

5年ぶりの進出となった準決勝は、ここまで先発にリリーフにと好投を見せてきた山﨑伊織選手(体育学部3年次生)が今大会2度目の先発マウンドへ。1回からランナーを背負う苦しい立ち上がりとなりましたが、冷静な投球で要所を締めます。打線は4回に藤井健平選手(同4年次生)が内野安打で出塁すると、植村祐介選手(同)のヒットエンドランが成功。ランナー一、三塁のチャンスをつくります。そこで主将で指名打者に入った長倉蓮選手(同)がセンター前に安打を放ち1点を先制。続く宮地恭平選手(同)もレフト前にタイムリー、高田誠也選手(同2年次生)がライトへの犠牲フライと続き3-0としました。しかし5回表、山崎選手がランナー一塁から相手の3番打者にライトにホームランを被弾し、3-2。6回にもヒットとエラーなどで3点を失い3-5と逆転を許してしまいました。8回表にも1点を失い、3-6で迎えたその裏、海野隆司選手(同4年次生)の内野安打と相手のエラーで1死二塁として、藤井選手のレフト戦への二塁打で1点を返します。9回表を原田泰成選手(同)が抑え反撃を待ちましたが、その裏は先頭の宮地選手が死球で出塁したものの後続が倒れ、4-6で敗れました。

皆さまのご声援ありがとうございました。

一覧へ戻る