ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチームが南アフリカを縦断する「サソール・ソーラー・チャレンジ2018」で準優勝になりました

2018年10月01日

東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクトのソーラーカーチームが9月22日から30日まで、南アフリカ共和国で開催された世界的なソーラーカー大会「Sasol Solar Challenge 2018(サソール・ソーラー・チャレンジ)」で準優勝となり、特別賞として環境賞を受賞しました。

この大会は、南アフリカ北部にある行政首都・プレトリアをスタートし、ブルームフォンテインやポートエリザベスなど7都市を経由しながら、約2,000km離れた南部の都市ケープタウンまで8日間かけて走行するものです。コースには一日ごとに「ループ」と呼ばれる1周29~82㎞の周回コースが設けられ、その日のゴール地点に決められた時間までに到着できれば何度でもループを周ることが可能で、順位は8日間での総走行距離で決まります。今大会には、5つの国と地域の大学や企業などから計9チームが出場しました。

本学ソーラーカーチームは、昨年10月にオーストラリア連邦で開催された「2017ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ(BWSC)」に合わせて開発したマシン「'17 Tokai Challenger」を改良して出場。3名のドライバーを含む学生17名と各種のアドバイスにあたる教員3名の計20名体制で臨みました。大会期間中は、各地で嵐や強風にさらされる一方、1,800mもの高低差を乗り越えるという、過酷な気象と地形を克服が求められる高いレベルのレースとなりましたが、チームは総走行距離3941.4kmを記録。総走行距離4030.4kmで優勝したオランダのヌオン・ソーラー・チーム(デルフト工科大学)と最後までデッドヒートを繰り広げました。学生たちは、「2位という結果になりましたが、今大会の経験を生かして、来年度にオーストラリアで開かれるBWSCでは優勝したい」と早くも次を見据えています。

一覧へ戻る