小学校音楽の教科書に準拠する映像教材に吹奏楽研究会が出演します

2019年09月10日

湘南キャンパスの吹奏楽研究会が、株式会社教育芸術社の教科書に準拠する映像教材「小学生の音楽鑑賞・表現」(企画・販売=株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)に出演します。今年度設立60周年を迎える同研究会は、全日本吹奏楽コンクール大学の部に2011年度から昨年度まで8年連続で東京都代表として出場し、金賞を6度受賞、今年度も9年連続での出場を決めています。17年度と18年度に出場したマーチングステージ全国大会では、2年連続で上位13団体に贈られる講評者特別賞に選出されています。この映像教材は2020年度に小学校の教科書が改訂されるにあたって制作されるもので、同研究会への出演依頼はこれらの実績を踏まえたものです。7月に本キャンパス総合体育館でマーチングを、8月に秦野市文化会館で座奏の撮影を実施。教材は令和2年3月に販売が開始され、全国の多くの小学校に導入される予定です。

『ミッキーマウスマーチ』を演奏したマーチングでは、ドラムメジャーの小東大悟さん(教養学部芸術学科デザイン学課程4年次生)の指揮のもと、一糸乱れぬ隊列で華麗なパフォーマンスを披露。座奏は『エンターティナー』『アフリカンシンフォニー』『木星』の3曲を、同研究会の常任指揮者である福本信太郎氏のタクトで演奏しました。主将を務める宮澤尚樹さん(教養学部芸術学科音楽学課程4年次生)は、「全国の小学校で使用される教材に出演できるのはとても名誉なこと。音楽の専門学校ではない東海大学の吹奏楽研究会がこうした依頼をいただけるのは、先輩方がこれまでコンクールや演奏会で実績を積んできたからこそだと思います。私たちの演奏映像を見た小学生が、"音楽って楽しいな"と感じてくれたらうれしい」と語りました。

※以下の商品紹介ページより、映像教材の紹介動画をご覧いただけます。
http://www.jvcmusic.co.jp/sho-chuonkan/
https://www.youtube.com/watch?v=HYDqvEQdCyw

一覧へ戻る