小倉 光雄

小倉 光雄

オグラ ミツオ

  • 教授
  • 学位:農学博士

基本情報

所属

  • 生物科学研究科 / 生物科学専攻
  • 海洋学研究科 / 海洋学専攻
  • 海洋研究所

ジャンル

  • バイオテクノロジー

研究と関連するSDGs

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

研究内容

バクテリアの環境適応戦略の分子生物学による解明

目に見えない微生物の世界には、カビ、アメーバ、細菌など多様な生物が生きている。細菌はバクテリアとも呼ばれ1000倍ほどに拡大してようやく観察することができる。これほど小さいので、もちろん単細胞であるが、その遺伝子の数は野外で生きる種類では最低4000ほどで、まだその機能がわからないものが非常に多い。私は、納豆菌が実験室に適応した、いわば家畜化した細菌である枯草菌を使って未知の遺伝子の働きを解明する研究を行なっている。

バクテリアの環境適応戦略の分子生物学による解明

詳細情報

研究キーワード

  • 枯草菌におけるシグナル伝達機構の分子生物学的解明

研究分野

  • ライフサイエンス 応用生物化学
  • ライフサイエンス 応用微生物学

所属学会

  • 日本ゲノム微生物学会
  • American Society for Microbiology
  • 日本分子生物学会
  • 日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

タンパク質アセチル化を含むバクテリアの新たなグルコース応答系の発見とその全貌解明

アセチル化によるRNAポリメラーゼの機能分化とその全体像解明

RNAポリメラーゼのアセチル化を介した新規転写誘導機構の解明

枯草菌の緊縮転写制御ネットワークの先導的基盤研究とその活用

転写因子の能動的タンパク質分解による2成分制御系遺伝子の発現制御

枯草菌の転写因子DegUによるポリグルタミン酸の生産制御に関する研究

枯草菌レスポンスレギュレーターDegUと標的遺伝子プロモーターとの相互作用の解析

枯草菌転写因子の機能とネットワークの解明

枯草菌プロテアーゼ生産におけるシグナル伝達とタンパク合成系の関与に関する研究

枯草菌コンピテンス転写因子ComKとその制御因子Medの相互作用の解析

枯草菌σ^Dの多コピーproBによる転写後阻害とその阻害を回復させる遺伝子の単離

枯草菌プロテアーゼ生産における情報伝達と制御因子のリン酸化に関する研究

枯草菌のプロテアーゼ生産制御におけるproB遺伝子の機能に関する研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215