長 幸平

長 幸平

チヨウ コウヘイ

  • 教授
  • 学位:博士(工学)

基本情報

所属

  • 情報理工学部 / 情報科学科
  • 地球環境科学研究科 / 地球環境科学専攻
  • 工学研究科 / 電気電子工学専攻

ジャンル

  • 地球環境
  • 自然災害
  • 宇宙開発
  • 情報技術

研究と関連するSDGs

  • 気候変動に具体的な対策を

研究内容

地球観測衛星データを地球環境・災害監視に役立てる

地球温暖化は、21世紀の人類が直面する最大の課題の1つである。長期的な衛星観測により、北極域の海氷の減少傾向が明らかになって来ている。衛星や航空機を使って地球を観測する技術をリモートセンシングという。リモートセンシングの技術を用いて、海氷などの環境変動や災害監視の研究を行っている。最近は、衛星によるグローバルな監視と、SNS情報を使ったローカルな監視を結び付けた「グローカルモニタリング」を提唱している。

地球観測衛星データを地球環境・災害監視に役立てる

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215