神山 高行

神山 高行

カミヤマ タカユキ

  • 教授
  • 学位:文学修士

基本情報

所属

  • 文学部 / 英語文化コミュニケーション学科

詳細情報

研究キーワード

  • 英語・英米文学

研究分野

  • 人文・社会 英文学、英語圏文学 近代英文学(シェイクスピア劇批評)

委員歴

  • 日本英語表現学会 紀要編集委員会委員長
  • 日本英語表現学会 理事

論文

『ロミオとジュリエット』における悲劇性―ことばと時間の観点からみた劇作術について―

『タイタス・アンドロニカス』にみる暴力性と残酷性ー劇作家としての出発点ー

書籍等出版物

  • エリザベス朝演劇における男装のヒロイン-シェイクスピア劇の異性装について
  • "『テンペスト』考-牧歌的世界の終焉と再生-"
  • "フォールスタフの身体-ルネサンスと近代の狭間で"
  • "リアの道化 -シェイクスピア劇の道化の系譜"
  • 『戦後教育の原像II, III』(共著、編注)
  • 『世界のニュース解説』(共著,編注)
  • 『One Autumn Night-ロシア短編小説集-』(共著,編注)

講演・口頭発表等

  • 『ヘンリー五世』における戦争観-王権と国民
  • ジェンダーと英語表現:「エリザベス朝における女性たち-シェイクスピア劇に登場する女性たちからみたジェンダー論」
  • 男装する身体-『十二夜』のヴァイオラの場合
  • 英語教育の教材として文学作品は有効か否か?
  • シェイクスピア劇にみる言語観-実念論と唯名論
  • ハワイ-歴史と文化と観光
  • イギリス文学への旅
  • レトリックについて-比喩表現と多様性」“シェイクスピア劇とメタファー
  • ロンドン-博物館巡り
  • ロンドン-歴史と文化への旅
  • ロンドンと夏目漱石-百年前の西洋体験
  • シェークスピアへの旅-ストラトフォードとロンドン
  • シェイクスピア劇にみられる宗教的表現
  • 『リチャード二世』論-王権とことば

所属学会

  • 日本英語表現学会
  • 日本シェイクスピア協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

現代英米文学の研究

シェイクスピア劇に関する研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)