森山 弘海

森山 弘海

モリヤマ ヒロウミ

  • 教授
  • 学位:博士(工学)

基本情報

所属

  • 経営学部(東京キャンパス) / 経営学科(経営)
  • 情報通信学部 / 経営システム工学科
  • 情報通信学研究科 / 情報通信学専攻

研究内容

ロジスティクスへ数理的にアプローチする

原材料の調達から生産・販売・回収に至る物の流れの効率化を図るロジスティクスについて、数理的アプローチからの研究を行っています。特に、物流車両の効率的な配送ルートを求める配送計画問題を取り上げ、その実用的な解法の開発を進めています。

詳細情報

研究キーワード

  • ロジスティックス
  • 数理計画
  • 生産システム工学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) 安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) 社会システム工学

委員歴

  • 日本経営システム学会 組織委員
  • 日本経営工学会 編集委員
  • 日本経営システム学会 評議員

受賞

  • 日本経営システム学会論文奨励賞

論文

経営問題解決のためのモデル構築による「経営モデル」研究

帰り荷と時間枠を考慮した選択型運搬経路問題に対する列生成法

帰り荷を考慮した運搬時間制約付き運搬経路問題のラグランジアン・ヒューリスティック法

クロスドック入出荷口割当問題に対するタブー探索法

列生成法に基づく時間枠付き多品目在庫運搬経路問題の解法

回転を考慮した時間枠付き在庫運搬経路問題に対する列生成法

バックオーダと順序依存型段取り時間を考慮した並列機械多品目容量制約付きロットサイズ決定問題に対する緩和固定法

バックオーダと順序依存型段取り時間を考慮した多品目容量制約付きロットサイズ決定問題に対する緩和固定法

最終需要情報を共有するサプライチェーンにおいて共有情報伝達の遅れがブルウィップ効果抑制に及ぼす影響の分析

バックオーダと順序依存型段取り時間を考慮した多品目容量制約付きロットサイズ決定問題の解法

最終需要共有型のサプライチェーンにおける非定常状態でのブルウィップ効果の分析

帰り荷を考慮したMin-Max型運搬経路問題の解法

最小r-全域有向木を用いた回転を考慮する非対称運搬経路問題の解法

定期発注方式を採用したサプライチェーンにおいてロット発注がブルウィップ効果に及ぼす影響の定量評価

サプライチェーンの伝達関数モデルを用いた非定常状態のチェーンにおけるブルウィップ効果の分析

順序依存型段取り時間を考慮した並列機械多品目容量制約付きロットサイズ決定問題の解法

ラグランアン・ヒューリスティック法に基づく並列機械多品目容量制約付きロットサイズ決定問題の解法

残業生産を考慮した多品目容量制約付きロットサイズ決定問題のラグランアン・ヒューリスティック解法

回転を考慮した非対称運搬経路問題の準最適解法

回転を考慮したMin-Max型運搬経路問題のラグランアン・ヒューリスティック解法

書籍等出版物

  • 経営システム学への招待

講演・口頭発表等

  • 外部委託と帰り荷を考慮した時間枠付き運搬経路問題の近似解法
  • 数理計画法に基づく非分割型施設配置問題の解法

所属学会

  • 日本生産管理学会
  • 日本ロジスティクスシステム学会
  • スケジューリング学会
  • 日本経営システム学会
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会
  • 日本経営工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

数理計画法の応用

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)