山田 洋

山田 洋

ヤマダ ヒロシ

  • 教授
  • 学位:博士(体育科学)

基本情報

所属

  • 体育学部 / 体育学科
  • 体育学研究科 / 体育学専攻

ジャンル

  • 野球
  • バスケットボール
  • スポーツ医科学

研究と関連するSDGs

  • 質の高い教育をみんなに

研究内容

ヒトの運動発現に関するバイオメカニクス的・サイバネティクス的アプローチ

専門分野は、体育科学(バイオメカニクス、筋電図キネシオロジー、運動生理学)である。これまで、たずさわってきた主な研究は、筋出力や重心動揺をはじめとする力学的生体情報、筋電図や誘発筋電図をはじめとする生理的生体情報をツールとして、ヒトの運動とその制御特性の評価であり、特に「筋疲労」と「運動適応」に関する研究を主題としてきた。
体育科学の研究者として、研究内容を社会に貢献させるために、大学院から今日に至るまで、常日頃考えているのは以下の2点であり、今後、さらに発展させていきたいと思っている。
1)こども、高齢者からトップアスリートまで、全ての階層を対象として、健康の維持増進、パフォーマンスの向上に貢献したい。
2)「実験室レベル」と、「実践レベル」の橋渡しとなる研究をしたい。

ヒトの運動発現に関するバイオメカニクス的・サイバネティクス的アプローチ

詳細情報

研究キーワード

  • 筋電図
  • 運動制御
  • 筋力

研究分野

  • ライフサイエンス 体育、身体教育学

論文

大学野球投手のピッチングにおける投球数がパフォーマンスおよび生理心理機能・体力・動作に及ぼす影響

走法の違いが方向転換能力に及ぼす影響 -ナンバ走りの有効性に関するバイオメカニクス的研究-

SPORTEC 2022 セミナー参加者調査からみえた大学と地域連携への期待およびその阻害要因

中学生の反応時間の発達に暦年齢および運動経験がどのように関与しているか : 野球走塁課題を用いて—

科学の知見をスポーツ技能向上へ繋げる : 感覚運動学習のバイオメカニズム

バドミントン競技経験者と未経験者のスマッシュ動作中の運動連鎖に関する研究

熟練度の違いによるサッカーボールリフティングの運動制御機構

投手からみた捕手のキャッチングスキルの評価

野球の試合中における打者の移動特性と生理学的応答

サッカーのインステップリフティングにおける技術分析

テニスにおけるフォアハンドジャンピングショットの動作特性—Performance characteristics of the forehand jumping shot in the tennis

「動き」と「力」を科学する スポーツバイオメカニクスとは?

不整地歩行中の下肢関節制御に接地パターンの違いが与える影響

大学トップランナーの接地動作と競技レベルの関係

中強度・長時間の動的筋収縮による局所疲労が視覚刺激に対する単純反応時間に与える影響

足趾把持トレーニングが足趾把持筋力および立位時重心動揺に与える影響

中強度・長時間の動的筋収縮による局所疲労が視覚刺激に対する単純反応時間に与える影響

大学運動選手の腰痛に対する競技種目別の検討

講演・口頭発表等

  • バレーボール オーバーハンドパスの一人称視点映像がスポーツスキルに与える影響
  • 円盤投げにおける自己最高記録と練習時の投擲動作との関係
  • 野球における投球数がパフォーマンス および生理心理機能・体カ・動作に及ぼす影響
  • 即時フィードバックがパフォーマンスにどのように影響するか ラグビータックル時の姿勢の変化に着目して
  • ディフェンスでの切り返しが旋回を伴うことによる動作の変容
  • 異なる速度の打球の正確性 バドミントン競技バックハンドドライブを題材に
  • バドミントン経験者と未経験者におけるバックハンドドライブの技術特性
  • バレーボールのアンダーハンドパスにおけるパスのばらつき特性の分析
  • バレーボールシューズとスニーカーの跳躍高の違いについて
  • 内股の「跳ね上げ」動作における研究
  • 回転方向の違う宙返りにおける着地準備局面の筋活動動態について
  • 打球速度の異なるバックハンドドライブ時の上肢関節運動の違い
  • 前⽅宙返りの着地動作に関するバイオメカニクス的研究
  • スポーツバイオメカニクスにおけるデータ活用
  • デッドリフトにおけるウエイトリフティングシューズの有効性
  • 宙返りを伴う着地動作のバイオメカニクス的分析
  • 野球捕手の捕球時におけるミット制御
  • Speed Accuracy Trade-Offからみたバドミントンバックハンドドライブの技術特性
  • スポーツスキルの根源に迫る学際的アプローチの模索

共同研究・競争的資金等の研究課題

種々のニューロモデュレーションを含んだ練習がスポーツスキルの運動学習に及ぼす効果

階段昇降ならびに健常者に近い平地歩行が可能な無動力大腿義足

非侵襲的脳幹賦活によるスポーツ&アートにおける運動学習促進

器械運動における安全で効果的な補助技法の開発

子どもの動作の「スキル」獲得過程の縦断的および横断的検討

カメラ付タブレット型PCを用いた器械運動学習支援システムの構築

歩行・走行の歴史的伝統的運動様式の生体力学分析と応用

跳躍動作におけるスキル獲得過程に関する幼稚園年少期から小学校3年生までの追跡研究

鍼灸針電極によるInner muscle EMGの検討

幼児期の神経系発育のための運動遊びが動作の「巧みさ」に及ぼす影響の縦断的研究

ResearchMapへ移動します

お問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

学長室(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)


その他お問い合わせ