山田 洋

山田 洋

ヤマダ ヒロシ

  • 教授
  • 学位:博士(体育科学)

基本情報

所属

  • 体育学部 / 体育学科
  • 体育学研究科 / 体育学専攻

ジャンル

  • 野球
  • バスケットボール
  • スポーツ医科学

研究と関連するSDGs

  • 質の高い教育をみんなに

研究内容

ヒトの運動発現に関するバイオメカニクス的・サイバネティクス的アプローチ

専門分野は、体育科学(バイオメカニクス、筋電図キネシオロジー、運動生理学)である。これまで、たずさわってきた主な研究は、筋出力や重心動揺をはじめとする力学的生体情報、筋電図や誘発筋電図をはじめとする生理的生体情報をツールとして、ヒトの運動とその制御特性の評価であり、特に「筋疲労」と「運動適応」に関する研究を主題としてきた。
体育科学の研究者として、研究内容を社会に貢献させるために、大学院から今日に至るまで、常日頃考えているのは以下の2点であり、今後、さらに発展させていきたいと思っている。
1)こども、高齢者からトップアスリートまで、全ての階層を対象として、健康の維持増進、パフォーマンスの向上に貢献したい。
2)「実験室レベル」と、「実践レベル」の橋渡しとなる研究をしたい。

ヒトの運動発現に関するバイオメカニクス的・サイバネティクス的アプローチ

詳細情報

研究キーワード

  • 筋電図
  • 運動制御
  • 筋力

研究分野

  • ライフサイエンス 体育、身体教育学

論文

熟練度の違いによるサッカーボールリフティングの運動制御機構

サッカーのインステップリフティングにおける技術分析—Technical Analysis of Soccer Instep Lifting

テニスにおけるフォアハンドジャンピングショットの動作特性—Performance characteristics of the forehand jumping shot in the tennis

足趾把持トレーニングが足趾把持筋力および立位時重心動揺に与える影響—The effect of toe-grip training on toe flexor muscular strength and center of gravity fluctuation

大学運動選手の腰痛に対する競技種目別の検討

05バ-12-ポ-23 バスケットボール ディフェンス時のクローズドアウトのバイオメカニクス的研究—ステップの違いが反応時間・動作に与える影響

05バ-12-ポ-30 捕手の捕球技術に関するバイオメカニクス的研究

スロースピードの自重スクワットによる疲労困憊時の生理的応答—Physiological responses to fatiguing squat exercises using slow speeds

日本人一流バスケットボール選手におけるフローター・シュート動作の評価:-片脚踏切パターンに着目して-

09方-24-ポ-03 運動技術習得に伴う脳血流変化—お手玉を課題として

速度およびピッチの統制が走動作に及ぼす影響 : ナンバ樣走りの生成メカニズムに関するバイオメカニクス的研究—Effect of control of running velocity and step frequency on running style : Study of the biomechanics on generation mechanism of the Nanba style running

バ27-115 バレーボール選手の床地と砂地におけるスパイク跳躍動作の違い(05 バイオメカニクス,一般研究発表抄録)

09方-24-ポ-91 バレーボール競技におけるサーブパフォーマンス改善の研究 : ジャンピング・フローターサーブにおける熟練者と未熟練者の動作に着目して(体育方法,ポスター発表,一般研究発表抄録)

ナンバ様走動作時の体幹部の回旋運動—~速度・ピッチの変化の影響~

09方-27-ポ-56 ナンバ様走行時の運動負荷強度 : ピッチの増加が酸素摂取量・心拍数・自覚的運動強度に与える影響(09.体育方法,一般研究発表抄録)

共同研究・競争的資金等の研究課題

運動制御

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)