大泉 宏

大泉 宏

オオイズミ ヒロシ

  • 教授
  • 学位:博士(農学)

基本情報

所属

  • 海洋学部 / 海洋生物学科
  • 海洋学研究科 / 海洋学専攻

ジャンル

  • 生物・動植物

研究と関連するSDGs

  • 海の豊かさを守ろう

研究内容

日本近海の小型鯨類の生態学的研究

日本近海に生息する小型鯨類の個体群について、その分布や被捕食関係を研究している。現在は、駿河湾における鯨類の分布、北海道周辺海域におけるシャチの個体群の構造に関する研究、紀伊半島沖における小型鯨類の食性に関する研究を行っている。一般にはほとんど知られていない日本近海の小型鯨類の生活を明らかにし、身近な海の生態系の構造を解明していくことを研究の目的としている。

日本近海の小型鯨類の生態学的研究

詳細情報

研究キーワード

  • 海洋生態学
  • 鯨類学
  • 分布
  • 食性
  • 歯鯨類

研究分野

  • ライフサイエンス 水圏生産科学
  • ライフサイエンス 生態学、環境学

論文

根室海峡で確認された日本初記録のシャチ(Orcinus orca)白色個体

ミナミハンドウイルカ(Tursiops aduncus)の前胃内における摂食物の消化過程

北海道東部海域におけるシャチの分布と生息環境

相模湾に漂着したカマイルカおよびオガワコマッコウの胃内容物

漁業被害の現状と駆除活動による板鰓類資源に与えるインパクト

冬季の三陸沖陸棚斜面におけるイシイルカの餌選択性

書籍等出版物

  • 絶景・秘境に息づく世界で一番美しいシャチ図鑑
  • 羅臼沖に出現するシャチの個体識別カタログ
  • 海洋生物学マニュアル
  • 駿河湾学
  • 幡豆の海と人々
  • 鯨類学
  • 海の利用と保全
  • イルカ・クジラ学 : イルカとクジラの謎に挑む [正]

所属学会

  • The Society for Marine Mammalogy
  • 日本哺乳類学会
  • 日本水産学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

北海道周辺海域に出現するシャチの個体識別および鳴音レパートリーのカタログ化

北海道周辺に生息するシャチの社会構造と行動圏の利用様式:生息地保全への基礎研究

内視鏡を用いた小型鯨類における胃内消化速度の研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)