渡部 憲

渡部 憲

ワタナベ ケン

  • 教授
  • 学位:博士(工学)

基本情報

所属

  • 工学部 / 建築学科
  • 総合理工学研究科 / 総合理工学専攻
  • 工学研究科 / 建築土木工学専攻

研究と関連するSDGs

  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任

研究内容

地球環境配慮型高流動・高靭性コンクリート

現在、地球環境問題に対する取り組みは重要な課題であり、コンクリートの分野においても、再生骨材コンクリートの研究が活発に実施されている。今後、コンクリートのリサイクルを更に積極的に推し進めるためにも、再生骨材の新たな有効利用技術の開発が必要である。筆者は、地球環境に配慮した、RC建築物の耐震性および耐久性向上技術の提案を目的として、再生骨材を使用した高流動・高靭性コンクリートの開発を行っている。

地球環境配慮型高流動・高靭性コンクリート

詳細情報

研究キーワード

  • 材料
  • コンクリート

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) 建築構造、材料

論文

比抵抗探査法を利用した埋込み杭における根固め部の孔壁位置調査手法

再生骨材を使用した高流動高靭性コンクリートの収縮ひずみ低減

水セメント比および試験体寸法の相違する再生細骨材を使用した高靱性セメント複合材料の圧縮破壊領域長さ

水結合材比の相違する再生骨材を使用した高流動高靱性コンクリート製RC梁のせん断耐力に関する基礎的研究

再生骨材を使用した高流動高靱性コンクリートの強度発現

再生細骨材を使用した高流動高靭性セメント複合材料製RC梁のせん断耐力に関する基礎的研究

再生骨材を使用した高流動繊維補強コンクリートの力学特性

再生細骨材を使用した高流動繊維補強モルタルに関する基礎的研究

再生細骨材を使用した高靭性セメント複合材料の圧縮破壊領域長さ

せん断補強筋の無い高靭性コンクリート製RC梁の破壊性状

エコセメントの根固めおよび杭周固定液への適用性

高靭性セメント複合材料の圧縮破壊領域長さ

高靭性セメント複合材料を使用した杭先端根固め部の破壊性状に関する実験的研究

再生骨材を使用した高靭性コンクリート製RC梁の破壊挙動

再生骨材を使用した高靭性コンクリートの材料特性

高靭性セメント複合材料の圧縮軟化挙動

プレボーリング拡大根固め工法の根固め部の支持力機構に関する基礎的研究

各種細骨材を使用した高靭性セメント複合材料の引張軟化挙動

所属学会

  • 日本コンクリート工学協会
  • 日本建築学

共同研究・競争的資金等の研究課題

建築物の耐久性向上のための地球環境配慮型高流動・高靭性コンクリートの収縮低減

建築物の耐震性向上のための地球環境配慮型高流動・高靭性コンクリートの開発

再生細骨材を使用した高靭性セメント複合材料に関する研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215