村田 憲郎

村田 憲郎

ムラタ ノリオ

  • 教授
  • 学位:博士(社会学)

基本情報

所属

  • 文学部 / 文明学科
  • 文学研究科 / 文明研究専攻

詳細情報

研究キーワード

  • 意識
  • ブレンターノ
  • 時間
  • フッサール
  • 現象学

研究分野

  • 人文・社会 哲学、倫理学 現象学
  • 人文・社会 思想史 19〜20世紀ドイツ語圏の哲学史・心理学史

論文

H. ベルクマンの内的知覚論

マイノング-シュテルン論争とフッサール

1905年の時間論はどのような意味で現象学的還元を先取りしているのか

How Is Time Constituted in Consciousness? Theories of Apprehension in Husserl's Phenomenology of Time

「実在概念」としての範疇 ブレンターノ『存在者の多義性』に見る存在論

Habitualität und Zeitlichkeit

超越論的発生は現在に対して外的か (日本現象学会第26回研究発表大会の報告)

受動的再想起における予示の役割--『ベルナウ草稿』から (日本現象学会第25回研究大会の報告) -- (個人研究発表)

「ノエシス-ノエマ」の同時性と個体的同一性--「ノエシス-ノエマ」分析と時間意識の分析との、分離と関係に関する一解釈

書籍等出版物

  • 間主観性の現象学III その行方
  • 間主観性の現象学II その展開
  • 間主観性の現象学 その方法
  • 経験の裂け目
  • ヘーゲル 否定的なものの不安

講演・口頭発表等

  • ブレンターノ1884/5年講義「基礎論理学とそこに必要な刷新」について
  • フッサール時間論の「現在」
  • H. ベルクマンの内的知覚論
  • フッサールの時間論 および体験流の即自の構成
  • シンポジウム「もう一つの心理学史を求めて 近代心理学と現象学」
  • Time-Consciousness in Brentano and Husserl
  • Three Theories of Time Constitution

担当経験のある科目

  • ドイツ語原典購読
  • ドイツ語初級
  • 現代思想
  • 哲学概論

共同研究・競争的資金等の研究課題

身体化された自己:ミニマルからナラティヴへ

現象学への寄与をめざした、ブレンターノ学派の時間・空間・感性論の研究

フッサールの時間意識の現象学を基礎とする、意識の一般構造の研究

ポスト3・11的危機から見る〈理性〉〈欲求〉〈市民社会〉の再審

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)