福原 雅朗

福原 雅朗

フクハラ マサアキ

  • 准教授
  • 学位:博士(工学)

基本情報

所属

  • 情報通信学部 / 情報通信学科
  • 情報通信学部 / 組込みソフトウェア工学科
  • 情報通信学研究科 / 情報通信学専攻

詳細情報

研究キーワード

  • 電気回路
  • 電子回路
  • 集積回路
  • CAM
  • 内容照合メモリ
  • 連想メモリ
  • ニューロンCMOSインバータ
  • ニューロンMOSインバータ
  • ニューロンMOSトランジスタ

研究分野

  • 情報通信 計算機システム
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) 電子デバイス、電子機器

委員歴

  • 高校生ものづくりコンテスト全国大会(東海大会) 電子回路組立部門(2018年11月17-18日@静岡県立科学技術高等学校) 審査員
  • 高校生ものづくりコンテスト東海大会 電子回路組立部門(2017年8月22日@静岡県立浜松城北工業高等学校) 審査員
  • 一般社団法人電子情報通信学会東京支部 H28年度研究発表会(2017年3月4日@東海大学高輪校舎) 審査員

論文

対称型NORアーキテクチャを用いたハミング距離検索機能付きCAROMの提案

ニューロンCMOSインバータを用いた最小ハミング距離検索連想メモリ

All-Optical Switching in PANDA Ring Resonator by Carrier Injection

Proposal of a negative level shifter for a negative high voltage generator

A cascaded type level shifter for high-voltage generators

クロックドニューロンCMOSインバータを用いた低消費電力CAROMの構成とその動作特性

ニューロンCMOS型多入力NAND/NOR可変論理回路の遅延時間特性

ニューロンMOSインバータを用いたハミング距離検出回路のCAMへの応用とその照合特性

ニューロンMOSインバータを用いたハミング距離検出回路の消費電力特性

Power consumption of a hamming distance search CAM using neuron MOS transistors

ニューロンMOSインバータを用いたハミング距離検出回路の提案

2段ニューロンMOSインバータからなる多入力可変論理回路の提案

ハミング距離検索機能を有する低消費電力CAROMのレイアウト設計とその動作特性

ハミング距離検索機能を有する低消費電力CAROMの提案

講演・口頭発表等

  • A Study of Through Current of Hamming Distance Detector Using Clocked Neuron CMOS Inverter
  • A study of power consumption of a Hamming Distance Search CAROM Based on a Symmetric NOR-Architecture
  • フラッシュCMOS A/Dコンバータを用いたハミング距離検索機能付きCAMの一検討
  • クロックドニューロンCMOSインバータを用いた低消費電力CAROMの提案
  • ニューロンMOSインバータを用いたハミング距離検出回路の動作特性
  • C-12-16 ニューロンMOSインバータを用いたハミング距離検出回路の提案(C-12.集積回路C(アナログ),一般講演)
  • C-12-11 ニューロンMOSインバータを用いたn入力可変論理回路の構成法(C-12.集積回路B(ディジタル),エレクトロニクス2)
  • ニューロンMOSトランジスタを用いたハミング距離検索機能付きCAMの消費電力
  • ニューロンMOSトランジスタを用いたハミング距離検索機能付きCAMの提案
  • ニューロンMOSトランジスタを用いたハミング距離検出回路の提案
  • C-12-6 全加算機能を有する可変論理回路の構成

担当経験のある科目

  • 集積回路設計特論
  • 応用数学
  • ディジタル信号処理
  • 電子回路
  • 電気回路

所属学会

  • 電気学会
  • 電子情報通信学会

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)