大久保 彩子

大久保 彩子

オオクボ アヤコ

  • 准教授
  • 学位:修士(経済学)

基本情報

所属

  • 海洋学部 / 海洋文明学科
  • 海洋学研究科 / 海洋学専攻

ジャンル

  • 水産
  • 地球環境
  • 生物・動植物

研究と関連するSDGs

  • 海の豊かさを守ろう

研究内容

海の環境・資源をめぐる国際協力と日本の政策

海洋生態系の保全と資源利用を両立させ、海の恵みを末永く享受していくための国際社会の課題を探る。南極海をはじめとする遠隔海域の環境保護と海洋生物資源の管理に関する国際交渉の現状、各国の交渉態度の決定要因、管理措置の有効性について分析している。また、賛成・反対の対立の構図が注目されがちな捕鯨問題について、国際交渉や日本の捕鯨政策の事態を明らかにし、人とクジラの多様なかかわりについて研究している。

詳細情報

研究分野

  • 人文・社会 国際関係論

論文

南極海の生態系保全のための国際制度間の調整

海洋生物資源管理の政策分析に関する研究

南極の海洋生物資源の保存に関する委員会(CCAMLR)における生態系アプローチの適用

海洋生物資源管理における生態系アプローチ適用の国際比較と日本への政策的含意

国際捕鯨規制をめぐるレジームの重層化と政策的相互連関

国際捕鯨規制の科学と政治--日本の捕鯨外交の再検討に向けて

国際捕鯨規制における政策的相互連関の事例分析と日本への政策的含意

海洋環境協力プログラム評価のための環境・経済統合モデルの開発:—— PEMSEAを事例として ——

東アジア海域環境管理パートナーシップにみる海洋環境協力の現状と課題

国際捕鯨委員会における不確実性の管理--実証主義から管理志向の科学へ (小特集 専門性とポリティクス)

所属学会

  • 日本海洋政策学会
  • 環境科学会
  • 環境経済・政策学会
  • 日本国際政治学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

日本の南極外交に関する基礎的研究:変容する南極レジームへの対応とその要因

先見的ガバナンスとしての国際漁業資源管理:その導入における学習の要因分析

グローバル化時代における海洋生物資源法の再構築―国際・国内法政策の連関の視点から

南極の海洋生態系の保全のための国際協力:制度間の相互作用とその調整

レジームコンプレックスとしての国際漁業資源管理:意思決定要因と有効性分析

地球温暖化とオゾン層破壊問題との政策的相互連関に関する分野横断的研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215