小玉 修嗣

小玉 修嗣

コダマ シユウジ

  • 教授
  • 学位:水産学博士

基本情報

所属

  • 理学部 / 化学科
  • 理学研究科 / 化学専攻

詳細情報

研究キーワード

  • 高速液体クロマトグラフィー
  • 食品化学
  • 光学異性体分析
  • キャピラリー電気泳動

研究分野

  • ライフサイエンス 食品科学
  • ナノテク・材料 分析化学

受賞

  • ACS Publications Certification of Appreciation
  • 地方衛生研究所全国協議会 地方衛生研究所全国協議会会長表彰
  • 地方衛生研究所全国協議会 地方衛生研究所全国協議会東海北陸支部長表彰

論文

Non-aqueous Bonding of Leuprorelin to Ochratoxin A for Peptide-based Solid-phase Extraction

High-performance liquid chromatography with fluorescence detection of ochratoxin A in cereal, coffee, and wine: Effective pretreatment with bovine serum albumin-immobilized adsorbent

Enantioseparation of hydroxyeicosatetraenoic acids by hydroxypropyl-γ-cyclodextrin-modified micellar electrokinetic chromatography

担当経験のある科目

  • 生物資源分析化学
  • 分析化学実験
  • 基礎化学
  • 分析化学特論
  • 分析化学

所属学会

  • 日本油化学会
  • 日本薬学会
  • 日本分析化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

生体分子のリガンド結合部位をモデルとした吸着剤の合成とそのカビ毒分析への応用

永久磁石低磁場NMRの分離能向上に有効な化学シフト拡張試薬の開発

金属イオンとの配位に基づく親水性抗生物質の新規な分析法の開発と水環境分析への応用

呼気に用いる非侵襲的薬物動態解析法に関する研究

糖光学分割のための新規キラル場の構築とL-糖の探索

金属イオンとの配位を利用した新規分析法の開発-親水性化合物の水環境中での動態解析

水酸リン脂質の光学異性体分析の開発

化学アフィニティーを利用した分子構造認識型固相抽出剤の開発と残留農薬分析への応用

〔金属イオン-配位子〕カクテルを用いた新規なキラル配位子交換法の開発

難分解性金属キレート剤を指標とした水環境汚染実態の解明

植物及び食品におけるL-糖の探索

大量に排出される金属キレート剤が重金属の環境動態をどう変化せるか?

キラル配位子交換法の新展開-ボロスピラン形成に基づく光学分割法の開発

波長軸変調型蛍光検出円二色性検出法の開発

産業財産権

  • キャピラリーチューブ及びその製造方法

ResearchMapへ移動します

お問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

学長室(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)


その他お問い合わせ