野村 栄治

野村 栄治

ノムラ エイジ

  • 教授
  • 学位:博士(医学)

基本情報

所属

  • 医学部 / 医学科
  • 医学研究科 / 先端医科学専攻
  • 医学研究科 / 医科学専攻

ジャンル

  • がん治療

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を

研究内容

胃癌に対する個別化治療によりQuality of Lifeを改善する

高度進行胃癌患者には手術の根治性を高めるため術前化学療法・化学放射線療法を行っています。一方、早期胃癌患者には腹腔鏡による低侵襲手術に加え、機能温存手術を積極的に行っています。これらの術式に対して、食物の排出・吸収動態、ホルモン分泌動態(血糖・インスリン・ガストリン・セロトニン・GLP-1・グレリンなど)を検索し、術前の状態に最も近づくことのできる理想的な手術・再建・方法につき検討を行っています。

胃癌に対する個別化治療によりQuality of Lifeを改善する

詳細情報

研究キーワード

  • 消化器外科学
  • 外科学一般

研究分野

  • ライフサイエンス 消化器外科学
  • ライフサイエンス 外科学一般、小児外科学

委員歴

  • 日本静脈経腸栄養学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 日本癌治療学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本胃癌学会 評議員
  • 近畿外科学会 評議員

論文

膵切除術後の出血に対してバイヤバーンステント留置の有用性

脾彎曲部切除術 定型的開腹術vs低侵襲手術

急性虫垂炎に対する手術治療の適応とタイミング 虫垂における炎症および腫瘍性疾患の臨床病理学的検討

Short-term outcomes of OTSC for anastomotic leakage after laparoscopic colorectal surgery

近年の大腸HALS法

StageIII/N2期の結腸直腸癌の転移リンパ節における、散乱パターンと予後の臨床病理学的検討

[胃]胃切除後のQOL向上を目指したエビデンスの創生 胃上中部早期胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の個別化と成績

機能温存手術(食道・胃)の現状 胃癌に対する機能温存手術の現状

局所進行胃癌に対する術前化学放射線療法の効果と安全性

書籍等出版物

  • 消化器がん薬物療法2010
  • 胃外科の要点と盲点 Ⅳ術前・術後管理のKnack&Pitfalls 4.6)吻合部狭窄
  • Digestive Surgery NOW No.6 食道・胃外科手術 標準手術からのステップアップ
  • 消化器外科学レビュー2009
  • 消化器外科学レビュー2008
  • 消化器外科学レビュー2007
  • 消化器疾患最新の治療2007-2008
  • 消化器外科学レビュー2006
  • 別冊・医学のあゆみ 消化器疾患ver.3-state of arts Ⅰ消化管(食道・胃・腸)
  • 消化器外科学レビュー2005
  • 消化器外科学レビュー2004
  • 胃外科の要点と盲点 Ⅳ術前・術後管理のKnack & Pitfalls 6.6)吻合部狭窄
  • 胃手術後の機能検査法の実際-超音波検査汚:胆嚢-
  • 胃手術後の機能検査法の実際-RIシンチグラム-

所属学会

  • 近畿外科学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器外学会
  • 日本外科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

マウス・ヒト消化器癌患者骨格筋量に対するシンバイオティクスの影響

腹腔鏡下噴門側胃切除術後再建法別機能評価とQOLに関する研究

外科医教育のためのインターネットによるビデオ入り教科書WebSurgの立ち上げ

抗癌剤感受性増強を誘導する遺伝子群(EPR-1,dCK,TP)による治療研究

胃癌の手術的治療

肝阻血・再潅流障害

胃癌術後QOL

ResearchMapへ移動します

お問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

学長室(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)


その他お問い合わせ