檮木 智彦

檮木 智彦

ウツキ トモヒコ

  • 准教授
  • 学位:博士(保健学)

基本情報

所属

  • 工学部 / 医用生体工学科
  • 工学研究科 / 医用生体工学専攻

ジャンル

  • 救急医療
  • シミュレーション

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

研究内容

脳蘇生の高度化のための生理状態自動制御システムの開発

救急医療において、脳蘇生は心肺蘇生に次いで重要な治療である。ガイドラインでは、脳圧、脳血流量、脳温、及び脳代謝といった脳生理状態の厳重な管理が不可欠とされているが、現在までそれが十分行われているとは言い難い。そこで、脳生理状態を測定して必要な治療操作を自動で行う制御システムを開発し、臨床で応用する研究を進めている。これにより、厳重な脳生理状態管理の実現だけでなく、医療従事者の負担軽減や医用コストの削減に加え、再生医療を含む先端医療時を支持する効果まで期待することができる。

詳細情報

研究キーワード

  • 意思決定機構
  • 脳生理状態
  • 生体モデリング
  • 交絡因子
  • 遠隔システム
  • 遠隔福祉
  • 遠隔保健看護
  • 遠隔医療
  • 遠隔コミュニケーション
  • 全身集中管理
  • 生体制御
  • 生理状態推定・判断システム
  • 呼吸動態解析
  • 呼吸動態制御
  • 脳組織状態制御
  • 脳低温療法

研究分野

  • ライフサイエンス 麻酔科学
  • ライフサイエンス 脳神経外科学
  • ライフサイエンス 医療薬学
  • ライフサイエンス 生理学
  • ライフサイエンス 生物物理学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) 制御、システム工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) 制御、システム工学
  • 自然科学一般 応用数学、統計数学
  • 自然科学一般 数学基礎
  • ライフサイエンス 医用システム
  • ライフサイエンス 生体材料学
  • ライフサイエンス 生体医工学
  • 情報通信 情報学基礎論

論文

脳圧、脳循環、脳温、脳代謝を考慮した統合的数理モデル

脳蘇生のための生理状態自動制御 (特集 医療に関わるフルードパワー)

省電力化等による脳温自動制御装置の臨床使用性の向上

脳低温療法のための低次元生体温熱モデル

広域無線LANを前提とした遠隔福祉システムの提案

BPSE遠隔会議システムを応用した国際ITセッションの実現

国際会議を支える情報通信技術

Automatic clinical control of brain temperature by adaptive control system

離島・へき地における保健・看護のための遠隔コミュニケーションシステムの開発

多地点間双方向コミュニケーションによる遠隔看護教育

臨床応用可能な脳低温療法のための表面冷却用水温自動制御装置の開発

表面冷却による脳温自動制御システム

書籍等出版物

  • Advances in Medicine and Biology, Vol. 93

講演・口頭発表等

  • Construction of a Dynamic Migration Model of Extracellular Fluid in Brain for Future Integrated Control of Brain State
  • 症状に適する病院決定の支援システム開発
  • 心理的判断決定過程のシステム同定
  • 脳組織熱移動モデルの構築
  • 脳組織水分移動モデル
  • Construction of a Dynamic Model of Cerebral Blood Circulation for Future Integrated Control of Brain State
  • Migration model of extracellular fluid in cerebral tissue for future automatic control of brain physiological state
  • A model of cerebral blood circulation for future automatic control of brain state
  • Model Analysis of Cerebral Circulation under the Occlusion of Right Middle Cerebral Artery
  • Construction of a Hospital Advising System for more Suitable Medical Care
  • Development of a cerebral circulation model for the automatic control of brain physiology
  • Development of Inferring System of Body Fluid Distribution using Fuzzy Network
  • Automatic Control System of Brain Temperature by Air-Surface Cooling for Therapeutic Hypothermia
  • 植込み型補助人工心臓の開発における医師と中小企業の連携
  • Model of cerebral circulation for automatic control of physiological state
  • 産学医工連携における医療用システムの開発
  • 医工連携の環境と戦略 -脳低温療法装置の開発から-
  • Cerebral circulation model for automatic control of physiological state of brain
  • 患者生理状態自動制御の実現と応用
  • 脳低温療法のための低次元生体温熱モデル

担当経験のある科目

  • 生体制御工学特論
  • 経営工学
  • ナノ・バイオテクノロジー
  • 最適化工学
  • 制御工学
  • 電気工学
  • 医用機器学A
  • 生体機能支援システム学
  • 医用理工学
  • 医療のためのテクノロジー
  • 医用工学
  • 一般臨床医学
  • 代謝・内分泌学
  • 消化器外科学
  • 情報科学
  • 医療統計学
  • 保守管理技術
  • 物性工学
  • システム工学
  • 電気工学

所属学会

  • 日本生体医工学会
  • IEEE
  • 計測自動制御学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

脳蘇生治療の高度化のための高精度脳生理状態自動管理・管理支援システムの開発

麻酔・集中治療の高度化のための輸液管理完全自動化システム

救急対応型人工呼吸器の開発

Practical Development of Automatic Control System of Brain Temperature by Water Surface Cooling for Clinical Application

脳低温療法のための完全自動化状態管理システム

産業財産権

  • 人工呼吸器及びその運転方法
  • 脳温管理装置および脳温管理装置の制御方法
  • 鼓膜温度検出装置

メディア報道

  • 何を学ぶ?医用・生体工学
  • 救急医療への工学の貢献 ―システム制御の積極的な応用を!―

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215