丸山 真史

丸山 真史

マルヤマ マサシ

  • 准教授
  • 学位:博士(人間・環境学)

基本情報

所属

  • 海洋学部 / 海洋文明学科
  • 海洋学研究科 / 海洋学専攻

研究と関連するSDGs

  • 海の豊かさを守ろう

研究内容

江戸時代の食生活に関する動物考古学的研究

考古遺跡では、貝殻や魚骨が出土することがある。これらの多くは、人々が食べた生ゴミを廃棄したものであり、これらを研究資料とすることで、過去の人々が何をどれくらい食べていたのかを明らかにすることができる。江戸時代の京都、大阪、兵庫を中心に、海産物消費の実相とその地域性を明らかにする研究を行っている。

詳細情報

研究キーワード

  • 東アジア考古学
  • 環境考古学
  • 歴史考古学
  • 海洋考古学
  • 動物考古学

研究分野

  • 人文・社会 考古学 動物考古学

論文

海浜部の集落における動物利用

中・近世のイノシシ・ブタ利用 (特集 動物考古学のいま) -- (飼養と家畜)

西庄遺跡で飼育されたウマ

関中の馬と大和の馬

大阪地域における先史・古代の漁撈活動の変遷と難波宮下層遺跡の評価 (特集 難波宮下層遺跡と上町台地北端部の開発)

平安京跡出土の牛馬骨の解釈に関する問題点

平安京における動物利用 : 獣類の利用を中心として

長江下流域における新石器時代のヒトと動物の炭素・窒素同位体分析

田螺山遺跡出土木柱の放射性炭素年代

良渚遺跡群美人地遺跡出土の動物遺存体(初報)

古墳時代の馬の普及と飼育・管理 : 近畿地方のウマ遺存体を中心に (特集 古墳時代中期の馬生産と鉄生産)

上方およびその周辺の水産資源 (特集 水産資源と歴史考古学) -- (水産資源の消費と食文化)

古代の馬 日本在来馬の起源 (特集 馬とはどのような生き物か? : 馬と人の出会いから未来へ)

和爾遺跡第10次調査出土動物遺存体について

近世、京都の魚食文化の特徴 : 近世三都の魚貝類の比較を通じて (20周年記念号) -- (生業活動に関する論考)

近世の兵庫津における水産物利用 : 魚貝類遺存体による食文化の研究

博多遺跡の動物利用の変遷

兵庫津遺跡西出地区の動物遺存体

大坂城下町跡出土の動物遺存体-中央区高麗橋三丁目の調査から-

書籍等出版物

  • 馬の考古学
  • 海洋考古学入門: 方法と実践
  • 特集動物考古学のいま
  • 部落史研究からの発信第1巻
  • 鎌倉時代の考古学

講演・口頭発表等

  • 近世における動物質食料からみた食生活
  • 海浜部の集落における動物利用
  • 都市化と食料需給ー動物質食糧ー
  • The ancient horse ritual and the horse breeders in Japan
  • 中国田螺山遺跡における魚類利用
  • 奈良盆地における古墳時代の馬飼いを探る
  • 奈良盆地で出土した海水魚
  • 平安時代における動物利用
  • 東名遺跡における狩猟と漁撈
  • 古墳時代の馬の利用と飼育
  • 奈良盆地における弥生時代の魚類利用
  • Early horse utilization in Japan
  • 徳島市三谷遺跡出土の動物遺存体からみた縄文時代晩期後葉の生業
  • 弥生集落における漁労と魚利用
  • 古墳時代に飼育されたウマ
  • 大坂城下町跡における双六の駒の製作
  • 骨を考古学する
  • 道具に加工した動物の骨と角
  • 大坂城下町における骨角細工

担当経験のある科目

  • 海洋文化学特論A
  • 海洋考古学1
  • 海域文化史
  • 歴史資料論
  • 海と人の歴史

所属学会

  • 古代学研究会
  • Society for East asian Archaeology
  • 日本文化財科学会
  • International Council for Archaeozoology
  • 日本動物考古学会
  • 日本人類学会
  • 考古学研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

動物考古学から探るユーラシア家畜文化のダイナミズム

東アジアにおける家禽飼育の起源と拡散の解明

古墳時代の家畜と王権に関する動物考古学的研究

牛馬文化の渡来と変容過程の解明による新たな列島史像の構築

遺跡出土馬のゲノムワイド解析に基づく日本列島馬の起源と交雑史に関する研究

古墳時代の馬飼いに関する動物考古学的研究

古環境の変遷と動・植物利用の諸段階

日本的畜産文化成立過程の動物考古学的研究

中国新石器時代における家畜・家禽の起源と、東アジアへの拡散の動物考古学的研究

国家形成期の畿内におけるウマの飼育と利用に関する基礎的研究

古代における骨角製品の動物考古学的研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215