大橋 正臣

大橋 正臣

オオハシ マサミ

  • 准教授
  • 学位:博士(工学)

基本情報

所属

  • 生物学部 / 海洋生物科学科
  • 生物学研究科 / 生物学専攻

研究と関連するSDGs

  • 海の豊かさを守ろう

研究内容

河口沿岸域における河川出水が浮遊・底生生態系に及ぼす影響

河口沿岸域は水産生物の生息場として貴重な場所です。この場所は成魚の生息空間のみならず、卵、仔魚、稚魚期においても重要な水域です。しかし、河口沿岸域は、時には大きな出水があり,多量の濁水が流入し問題が生じることもあります.このように沿岸生態系にとって河川からの出水は,メリット(栄養塩供給による基礎生産の増大等)とデメリット(多量の濁水による漁業影響)があるため,科学的に評価すること必要です。私は環境調査と数値計算により、これらの関係性の評価を考えています。

詳細情報

研究キーワード

  • 海岸工学
  • 水産土木

研究分野

  • 自然科学一般 大気水圏科学

所属学会

  • 日本ベントス学会
  • 日本水産工学会
  • 日本水産学会

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215