大木 志門

大木 志門

オオキ シモン

  • 教授
  • 学位:博士(文学)

基本情報

所属

  • 文学部 / 日本文学科

詳細情報

研究キーワード

  • 文学資料
  • 水上勉
  • 草稿研究
  • 文学館
  • メディア
  • 徳田秋聲
  • 私小説
  • 自然主義文学
  • 日本近代文学

研究分野

  • 人文・社会 日本文学 日本近現代文学
  • 人文・社会 日本文学 近代文学

委員歴

  • 日本近代文学会 評議員
  • 新宿区 漱石山房記念館運営学術委員
  • 日本近代文学会 編集委員
  • 昭和文学会 幹事
  • 日本文学協会 委員
  • 文京区森鷗外記念館 運営協議会委員
  • 山梨県立文学館 専門委員会委員
  • 日本近代文学会 運営委員
  • 国文学研究資料館 国文学文献資料調査員
  • 昭和文学会 編集委員

論文

徳田秋聲最後の「抵抗」ー新資料・「熊本日日新聞」掲載の時局記事をめぐって

徳田秋聲の転居から見る「知」の移動と「地縁」の存在

徳田一穂と徳田秋聲ー父子作家の文学的闘争と交響

〈分身〉たちの共演―水上勉・内田吐夢・鈴木尚之による映画『飢餓海峡』

女性作家と「カフェー」の時代―新出資料・山田順子の葉書から考える

水上勉文学における越境する「私」ー初期自伝小説の草稿を手がかりに

「文学」をどのように教室に呼び戻すべきか―「文学国語」の役割と博学連携の観点から

金閣寺が燃えるまで―水上勉『金閣炎上』の生成論的研究

水上勉「金閣炎上」未定稿の紹介と翻刻 : 「金閣焼亡」から「成生岬」へ

浦和時代の水上勉ー内田潔氏に聞く

近代文学資料を用いた国語科の授業の可能性 : 山梨大学「近代文学文庫」における実践報告

虹書房・日本繊維経済研究所時代の水上勉 : 北野英子氏・奥田利勝氏に聞く

水上勉宛田中英光書簡18通ー水上勉資料の中から

教材研究としての村上春樹「バースデイ・ガール」再論 : 「プールサイド」と「三十五歳問題」を手がかりに

著作物の問題から再考する井伏鱒二『黒い雨』事件ー記録/文学としての『重松日記』

文学の「記憶装置」としての「家」 : 前文学館運動として見る子規庵と漱石山房 (特集 図書館と文学 : 保存・検閲・スキャンダル)

三島由紀夫「日曜日」の〈斬首〉と戦後〈天皇小説〉 (特集 没後45年)

〈売買される〉文学 : 戦前の文学展示と近代文学資料の価値形成についての試論

〈展観される〉文学――山梨大学「近代文学文庫」所蔵の目録から見る戦前の近代文学展示

十五年戦争下の〈文学館運動〉〉―「文芸懇話会」と「遊就館」、そして島崎藤村

書籍等出版物

  • 『無数のひとりが紡ぐ歴史 日記文化から近現代日本を照射する』
  • 徳田秋聲と「文学」―可能性としての小説家
  • 街の子の風貌 徳田一穂 小説と随想
  • 水上勉社会派短篇小説集 不知火海沿岸
  • 水上勉社会派短篇小説集 無縁の花
  • 社会のなかの文学(中央大学政策文化総合研究所研究叢書 29)
  • 秋聲の家 徳田一穂作品集(徳田秋聲記念館文庫)
  • 尾崎紅葉事典
  • 水上勉『文壇放浪』(中公文庫)解説
  • 水上勉の時代 = The age of Tsutomu Mizukami
  • 怪異を読む・書く
  • 「私」から考える文学史―私小説という視座
  • 漱石辞典
  • 鏡花 : Izumi Kyoka(図録改訂版)
  • 谷崎と鏡花
  • 徳田秋聲 (21世紀日本文学ガイドブック6)
  • 石川県人名事典 現代編 最終編
  • 徳田秋聲の昭和―更新される「自然主義」
  • 佐藤春夫読本
  • 近代文学草稿・原稿研究事典

講演・口頭発表等

  • 尾崎紅葉・徳田秋聲による雑報記事をめぐる「作品」のポリティクス(《特集》代作と近代文学―「作者」をめぐるポリティクス)
  • 徳田秋聲の転居から見る金沢人脈の問題
  • 敗戦直後の再出発 ─ 文芸編集者としての水上勉
  • 秋聲・鏡花・犀星―金沢三文豪と文京
  • 水上勉文学における自己語りの諸相
  • 戦後文学としての水上勉
  • 「文化資源」としての文学/文学館
  • 本パネルの趣旨と方法について―田山花袋と徳田秋聲を例に(梅澤亜由美・大木志門・河野龍也・小林洋介・尾形大・小嶋洋輔 パネル発表「私小説」をどのように考えるか?──〈私小説性〉概念による再検討の試み)
  • 『換菓篇』の敬、不敬―鏡花「薬草取」と秋聲「出獄」を中心に
  • 自然主義文学盛衰史-藤村・花袋・秋聲・白鳥を中心に
  • 1907年の秋聲と鏡花 「文学」の二筋道
  • 徳田秋聲と水上勉――二人の文学者資料のケースから
  • 秋聲全集のつくり方
  • 山梨でを用いた地域振興は可能か?―金沢市をサンプルケースに
  • 近代文学の一次資料の基礎知識
  • 記録/文学の陥穽 ―〈権利〉の問題として再考する井伏鱒二『黒い雨』事件
  • 徳田秋聲記念館10年の歩み
  • 秋聲文学の今日性
  • 十五年戦争下の「文学館運動」
  • 「文学」に殉じたひと・山田順子

担当経験のある科目

  • 日本文学とメディア
  • 近代文学演習
  • 日本文学演習
  • 近代文学文献研究
  • 近代文学研究法
  • 近代文学特殊講義
  • 卒業論文ゼミ
  • 卒業論文プレゼミナール
  • 日本文学基礎ゼミナール
  • 近代文学作品研究
  • 文学の理論
  • 近代文学特講
  • 日本文学研究入門
  • 近代文学研究法
  • 国語科内容論
  • 中等国語科教育法
  • 近代文学演習
  • 日本文学概論(国文学史を含む)

所属学会

  • 立教大学日本文学会
  • 日本文学協会
  • 昭和文学会
  • 日本近代文学会
  • 東海大学日本文学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

〈私小説性〉の計量的分析と国際比較による〈自己語り〉文学の発展的研究

水上勉資料の調査による戦後文学の総合的研究

東アジアにおける文学と社会課題

新たな世界を主体的に創造する生徒の育成

近代日本における人文知移動の動態的研究

東アジアにおける文学の社会的役割についての比較研究

〈私〉性の調査と〈自己語り〉ジャンルとの比較による日本「私小説」の総合的研究

水上勉自筆資料の総合的調査による研究基盤形成

『徳田秋聲の昭和』

社会貢献活動

  • 松本清張「或る『小倉日記伝』」
  • 花袋から秋聲へ 受け継がれたバトン
  • 三島由紀夫『金閣寺』と水上勉『金閣炎上』 ―事実と虚構の関係
  • 秋聲と一穂、父子作家の森川町の家
  • 近代文学とアイドル文化―志賀直哉「真鶴」を中心に
  • 井伏鱒二「黒い雨」―書き得ないものを書く
  • 三島由紀夫「金閣寺」と水上勉「金閣炎上」‒事件を加工する方法
  • 朗読作品解説(徳田秋聲「ファイヤ・ガン」「復讐」「水際の家」「躰」「蛍のゆくへ」他)
  • 林真理子「女文士」ー評伝文学の魅力
  • 泉鏡花「外科室」-愛と生と死と
  • 井上靖 『敦煌』
  • 朗読作品解説(徳田秋聲「絶望」「北国の古い都」他)
  • 夏目漱石「琴のそら音」-幻想作家時代の漱石
  • 朗読作品解説(徳田秋聲作品)
  • 色川武大『怪しい来客簿』
  • 谷崎潤一郎「春琴抄」 ―フィクションと事実の間
  • 徳田秋聲と山田順子 ―生田葵宛葉書から見る順子のその後
  • 芥川龍之介「歯車」―遺作の中の幻想
  • 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 ―児童文学か宗教文学か
  • 林芙美子「放浪記」 ―女性と労働と詩

メディア報道

  • 戦時に「最後の抵抗」 徳田秋声の新資料発見
  • 〈書評〉帆苅基生「水上勉社会派短篇小説集 不知火海沿岸」
  • 〈書評〉岡英里奈 「水上勉社会派短篇小説集 無縁の花」
  • 〈書評〉能島龍三「『水上勉社会派短篇小説集 不知火海沿岸』人間を時代に絡めて洞察する眼」
  • 〈本箱〉『水上勉の時代』(田畑書店)
  • 〈書評〉作家・「黴(かび)の子」の存在理由 「街の子の風貌徳田一穂小説と随想」大木志門編
  • 大木志門さん新著「徳田秋声と『文学』− 可能性としての小説家」
  • 秋声の長男・一穂は没後40年 「街の子の風貌」小説と随想集め発刊
  • (時代の栞)「飢餓海峡」 1963年刊・水上勉 大事故に埋もれた小さな町の大火
  • 金閣炎上 若き僧はなぜ火をつけたのか
  • 水上勉「奥能登の塗師」など9編収録 社会派短編集 「無縁の花」 出版
  • 自筆原稿1万枚の寄託受け東大「大江文庫」設立へ 創作過程研究のモデルに
  • 戦後文学資料 水上勉文学から、戦後の日本人が文学に何を求めたか探る
  • 「秋声の家−徳田一穂作品集」出版 父・秋声へ にじむ愛情
  • 越山若水(水上勉『文壇放浪』について)
  • 変わる文学館 アニメとコラボ、挑む展示
  • 水上勉の思い出共有 上田でセミナー
  • 水上勉さん生誕100年 文学の魅力 再考の起点に(論説)
  • 留学生が水上勉さん研究 中国語に翻訳され増す注目度
  • 〈書評〉田村景子「水上勉の時代」

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)