農学研究科 農学専攻(修士課程)

震災の影響により、授業については熊本キャンパスを中心に実施し、一部実習等を阿蘇キャンパスで実施します。

科学技術の急速な進展により、高度な知識を基に先端的技術の開発がなされ、研究分野においても一層の専門化が進む一方、基礎から応用分野にかかわる広い知識を必要とする学際的な教育・研究が重要となり、学際融合的な研究者・技術者の育成が求められている。

近年、ヒト遺伝子の解読に代表される生命科学の急速な発展は、生物種を越えた普遍的な生命現象が解明されるとともに生物の多様性や生物固有の特性も明らかにされ、遺伝子工学、タンパク質工学、細胞工学などのバイオテクノロジーを生みだした。その成果は農学分野においても急速な技術革新を促し、生物の有用な機能や未利用資源の開発利用あるいは新規生物産業の創成など新たな応用への道を拓いている。

農学研究科修士課程は、農学を取り巻く状況に時代を先取りし対応できるようにカリキュラム編成を行ってきた。さらに、高度な技術をもつ職業人の育成を強化するため、生物生産に立脚した研究開発を行う国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センターと連携大学院を構築している。

農学研究科修士課程の内容は以下の通りである。

  1. (1)生命現象や生物の機能の解析やその応用を総括的に教育・研究するために農学専攻1専攻とする。
  2. (2)生命現象の基本的な仕組みは生物間で共通である。そこで、生物が持つ多彩な生命現象を高次機能ととらえ、その仕組みや原理を解明する「生命科学コース」とその成果を植物・動物に応用し生物生産に寄与する「生物資源科学コース」の2つの履修コースを設定し、基礎から応用まで密接に連携させる教育・研究を行う。
  3. (3)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センターの優れた研究者を客員教員として迎え、生物生産に密着した研究指導や演習指導を行う。

農学専攻の教育目標

人類の定住と文化、文明の創造を可能にした農業は、人類の生存に関わる不可欠な食料を生産し、人類の福祉向上に寄与してきた。しかしながら、一方で人口増加や急速に発展してきた諸産業などのあらゆる人間活動が地球環境に重大な影響を与え、その結果生じた環境破壊は人類の生存そのものに深刻な問題になっている。したがって、21世紀の農学は、世界的視野に立ち、爆発的に増大する人口を賄う食料生産の達成を目指すとともに安全性や環境保全に十分な配慮が必要である。また、近年のバイオテクノロジーの急速な発展によって、多くの生物でゲノムが解読されるなど、主に分子生物学の進展により生物の仕組みや多様性が次々と解明され、それに伴ってさらに新しい技術分野への進展が生まれている。これらの技術は21世紀に人類が直面する諸問題の解決に必要不可欠であり、この有効かつ安全な利用のためには、開発された先端技術を理解し、応用できる幅広い知識と高度な技術とを習得した人材が求められる。

農学専攻では、このような要請に鑑み、生物の多様な機能を理解し、生物生産および生命科学領域に貢献しうる高度な専門性と総合性を併せ持つ学際融合的な研究者・技術者の育成を目標として、生物がもつ多彩な生命現象の仕組みや原理を解明するとともに、生物生産を中心に環境保全や食の安全性など、人類の福祉向上に寄与できる、基礎から応用まで密接に連携させる教育・研究を実践する。履修コースとして、生物学や生理学を基盤とした生物資源科学コースと化学的な視点から追究する生命科学コースを設定し、生物生産や生命科学に関して体系的に学べるようにした。

カリキュラムについては、教育・研究領域の多様化に対応するため、植物・動物・微生物・生命科学分野を網羅した専門講義科目を充実し、学生が幅広い知識を習得できるように配慮した。また、先端的で高度な研究に接することができるように活発な研究を行っている学外の研究者による講義科目を設置した。

農学専攻が養成しようとする人材

植物、動物、微生物などすべての生物を対象とし、これらの生命体を分子から細胞、組織、個体、集団の各レベルまで、生命科学のすべてを包括して総合的な研究を展開することによって、生物を取り扱う先端的で高度な研究者および技術者として活躍できる人材の養成を目指している。

履修コースの概要

生物資源科学コースは、国や地域の発展を支える生物産業と国際社会が抱える生命・食料・環境に関わる多様な問題の解決を目標とし、動・植物が有する多様な生命現象を高次機能としてとらえ、その仕組みや原理を明らかにするとともに、環境へのインパクトを考慮した生物産業への応用を目指した先端的かつ総合的な教育・研究を行う。

生命科学コースは、生命現象と生体機能の各種の機構について、分子・細胞および器官のレベルで解析するとともに、生体並びに生体を構成する分子の諸機能の解明と、それらを産業と生活を支える先端技術の基盤として発展させるための基礎と応用が密接に関連する実践科学の教育・研究を行う。

研究科の学位授与基準

農学研究科において修士の学位を授与されるものは、学位論文の審査に合格し、以下の基準を満たしていることが必要である。

  1. (1)広い視野に立った生物の多様な機能を理解し、生物生産および生命科学領域に貢献しうる専門性と総合性とを併せ持つ高度な知識と技術を修得していること。
  2. (2)修士論文の内容に関して、筆頭者として1回以上の学会発表をしていること。
  3. (3)最終試験(修士論文発表会を含む)において、当該論文の内容を十分に理解して説明できると共に、提起される論点に対して論理的に対応できること。

研究科の学位論文審査基準

学位論文は以下の基準において審査する。

  1. (1)研究課題に関する知識の整理が十分になされており、研究の背景と目的、研究計画や研究方法、実験データや調査結果についての整理と解析、結果に基づく結論や仮説の展開、文献的考察を含む論考等に十分な論述がなされていること。
  2. (2)学位論文の作成要領にしたがって作成され、論理的に分かりやすく構成されており、学位論文にふさわしい体裁を持っていること。