教育研究上の目的・人材像

教育方針

観光ビジネス学科では、九州・熊本という立地が、地域に滞在し体験交流を楽しむ新しい観光(着地型観光)の教育に最適であり、さらに、中国・韓国に近接し、成長著しいアジアの観光市場のハブとしての機能を果たしうる地理的条件にあることから、着地型観光の観光経営をテーマとした教育活動を通して、観光による地域振興を実践し、観光ビジネスを担う人材の養成を図る。

このような人材を養成するため、以下の教育方針に基づき、教育活動を実践する。

(1)観光経営に必要な3つの分野による教育体制

観光ビジネス学科では、経営学の立場から、観光ビジネス、観光地域づくり、ホスピタリティの3分野により、今日の社会で必要とされる観光経営の教育・研究を行うことにしており、これらの分野を効果的に学ぶことにより、観光経営を総合的に学修する体制を整えている。

(2)着地型観光による地域振興の実践教育

観光による地域振興は、国内外の旅行者を誘致し、その経済的な効果により、地域を再生することを目的としている。そのためには、出発地で旅行を企画・運営する「発地型観光」では十分でなく、観光目的地である地域が主体になる「着地型観光」への発想の転換が不可欠である。こうした観点から、「着地型観光」の推進を教育の柱に、21 世紀社会に必要とされている「新しい観光」を、教育という立場から実践的に推進する。

(3)観光の新しい時代に対応する資格・語学教育

観光による地域振興、アジア諸国との国際交流、旅行者の受入体制の整備など観光ビジネスを実践するために必要とされる資格取得および語学学修に対応したカリキュラムを用意している。

観光ビジネスでもっとも重要な資格のひとつである「国内旅行業務取扱管理者」については、早い時期に資格取得できるように配慮し、さらに、その上位資格である「総合旅行業務取扱管理者」の資格取得を支援することにしている。また、語学教育については、アジア諸国の経済発展に対応し、中国語、韓国語の学修支援に力を入れている。

教育目標

観光ビジネス学科では、観光ビジネス、観光地域づくり、ホスピテリティの3つの分野を学ぶことにより、地域における観光経営に対応できる総合的な能力を養成することを教育目標としている。

(1)観光経営に必要な知識、能力を学修

21 世紀の基幹産業として注目される観光を、経営学の視点で取り上げることにより、観光経営に必要な知識、技能を学び、継続的な観光ビジネスの構築を支援する。

(2)観光による地域づくりを実践的に理解

九州・熊本という観光目的地における観光経営の現状と課題を明らかにし、旅行者の誘致、受け入れ体制の構築など地域における観光経営の諸課題に取り組み、観光による地域づくりを実践的に理解する。

(3)旅行者を受け入れるホスピタリティを修得

国内外の旅行者を地域に受け入れるために必要なホスピタリティを身につけると共に、韓国語や中国語を修得し、アジア諸国との観光交流の推進に寄与する。

観光ビジネス学科が養成しようとする人材

観光ビジネス学科では、地域における観光経営を担う人材の育成が緊急課題になっていることから、基礎教育として、観光ビジネスに必要な経営的思考能力、判断能力、遂行能力を養い、英語をはじめ、中国語、韓国語など「アジアの時代」に対応した語学能力を身につける。

さらに、専門教育で、地域における観光経営および着地型観光に必要な科目を体系的に修得することによって、観光ビジネスを担い、地域社会に貢献すると共に、アジアとの国際交流に寄与できる経営センスを持った人材養成を目標としている。

観光ビジネス学科へ戻る