「2017ブダペスト世界柔道選手権大会」 日本代表に本学関係者から最多の男女10名が選出されました

2017年05月01日

8月27日より9月3日までハンガリー・ブダペストで開催される世界選手権大会の男子日本代表が4月29日開催された全日本選手権大会終了後に強化委員会より発表されました。
本学関係者からは個人戦4階級に6名、団体戦に3名の在学生と卒業生合わせて9名が選出。既に発表済みの女子78kg超級の朝比奈沙羅(体育学部3年)と合わせて総勢10名となりました。

〈男子日本代表〉
【60kg級】
永山竜樹(体育学部3年)
高藤直寿(2015年度体育学部卒)
【73kg級】
橋本壮市(2013年度体育学部卒)
【100kg級】
ウルフアロン(体育学部4年)
羽賀龍之介(2015年度大学院体育学研究科修了)
【100kg超級】
王子谷剛志(2014年度体育学部卒)

〈男子団体戦〉
【90kg 級】
長澤憲大(2015年度体育学部卒)
【81kg級】
渡邊勇人(2014年度体育学部卒)
【73kg級】
中矢力(大学院体育学研究科1年)

〈女子個人戦〉
【78kg超級】
朝比奈沙羅(体育学部3年)

一覧へ戻る