体育学科

体育学部

  • 湘南キャンパス

健康や体力の維持・増進への関心が高まる近年、スポーツの発展にともなって、その意義や重要性が見直されています。体育学科では、体育・スポーツの実践に加え、論理的・科学的アプローチからの研究や教育を通して、時代のニーズに応える学修体系を確立。優れた保健体育教師や指導者、研究者を育成します。

体育学科ニュース

体育学科の特色

基礎・基本が身につく

体育学科では、学びの土台となる「基礎・基本」を大切にしています。そのために、初年次では体育学の基礎・基本がしっかりと身につく科目が用意されています。たとえば、「体育・スポーツ科学入門」では、体育学の研究領域の概要、魅力に触れ、学問の扉を開きます。「体育・スポーツ科学基礎ゼミナール」では、大学での学び方や、論理的な思考の方法を学びます。さらに、「基礎身体運動実習A・B」では、体育・スポーツを専門的に学ぶために必要な運動・スポーツの基礎的な実践力を身につけます。


視野を広げる

どのようなスポーツにおいても「視野の広さ」は、プレーや表現の幅を広げます。学問も同じです。2年次以降は、初年次に身につけた「基礎・基本」を土台とし、さまざまな体育・スポーツ科学の専門領域の知識を深めていくことで、物事の見方や考え方が広がるような科目が用意されています。また、身につけた知識や技能、広がった視野を「実習・実験」の科目で応用・活用することで、より科学的、実践的な思考を身につけることができます。


学びを深める

身につけた科学的、実践的な思考は、何に役立つのでしょうか。自分が興味を抱いた研究領域での学びを深め、社会で求められる「人間」として、一歩を踏み出すための学びが体育学科にはあります。カリキュラムの総仕上げの段階では、体育・スポーツ科学の分野・領域の研究者やスポーツ科学の基礎・基本がしっかり身についた保健体育教師の育成を期してゼミナールに所属し、卒業研究に取り組みます。スポーツ科学の枢軸を担う体育学科での学びは、あなたと社会の確かな絆をつくり上げます。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成